FC2ブログ

2009年3月終了アニメ勝手な感想/キャシャーンSins

ストーリー ・・・ 3
キャラクター性 ・・・ 4
画 ・・・ 3
演出 ・・・ 3
音楽 ・・・ 4
総合的な評価 ・・・ 4
計 22

【キャシャーンSins】
最初は『新造人間キャシャーン』のリメイクかと思ったけど、最初の印象よりは良かった。
もちろん戦闘シーンは入るんだけど、全体的に静かでキャシャーンの心情の変化を丁寧に描いていたと思う。
ただ1クールでは物足りないけど2クールやるほどかな?っていうのは正直な感想。
キャシャーンが当て所もなく彷徨ううちに様々な出会いがあって自分の存在に苦悩し気付いていくんだけど、途中でちょっと飽きたもの。

あまり見たことのない作画で絵の好き嫌いが分かれそうですが私は好きでした。
(キャシャーンの目が死んでるところ好き)

OP、EDいいです。OPカラーボトルの青い花はノスタルジックなメロディーと掠れたヴォーカルが合ってました。2期EDのクノシンジの光と影の方がすごく好きです。

リューズの声優さんがちょっと棒っぽかったですね。これも随分と慣れました(笑)
キャシャーンにデレたリューズはすごかった。リューズの妄想回って必要だったのかしら?見ていてかなり恥ずかしかった。

あくまでキャシャーン中心に物語が進んでいくのは仕方ないとしても、デュオのレダに対する感情の変化がもう少し丁寧に描かれていたら良かったのにな、と少し残念。
ルナにしても毎回アバンで登場するわりにしっかり登場したのはかなり後半になってから。
キャシャーンが救いを求める人やロボットためにルナを殺さなかったから、ルナも自分の存在と役割に気付いた。
そうじゃなかったらただの電波女で終ってるところでした。キャシャーンの言わんとしていることへの理解が早過ぎるとは思いましたが、最終回だったから仕方が無い。

リンゴの存在には正直拍子抜けしました。
他のロボットとは違いキャシャーンを受け入れる純粋さは物語全体に大きく貢献したけど、特別な存在と匂わせていた割には真に特別さを発揮したのはキャシャーンの残した未来での話だったからかな?
オージがリンゴを大事にし過ぎてるのも鼻に付いたってもの正直なところです。

少々辛口になりましたが全体的には悪くない作品だった思います。
くり返し見たいかと言われるとエピソードによっては・・・って感じですかね。
スポンサーサイト