FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 2nd #24

  【#24 BEYOND】

バタバタといろんなことが一気に収束しました!

CB側はイノベイターの物量攻撃に圧倒されそれぞれに死の影が迫っていた。
そんな中、ヒリング、リヴァイヴとの戦闘中トランザムを発動した刹那に仲間の声が聞こえてくる・・・
刹那完全覚醒っす。半端じゃない量のGN粒子を放出するOO。

全てはイノベイターとして完全覚醒した刹那が放ったGN粒子によってムリクリみんな分かり合ったって感じでしたね。

 ★まずは沙慈とルイス
沙慈の叫びはルイスに届かなかった・・・
ネーナを倒してもルイスの怒りは収まってません。
このルイスはかなりウザかった。OOを捕らえたルイスは自分の命も顧みず特攻かけて来たMSの攻撃を受けてOOと共に果てようとしていた。
沙慈撃ちましたね~

その衝撃で気を失ったルイスと沙慈(何でアンタまで?)
沙慈を起こした刹那はルイスを連れて安全な所へ行けと沙慈をオーライザーから降ろす。
この戦場の中で安全な場所がどこにあるんだ?と思ったけど沙慈とルイスは大型母艦(多分)の中にいた。


目覚めたルイスはまだイノベイターの支配下にあり沙慈に襲い掛かる。
あーもうめんどくせー女。しかし沙慈の胸の指輪を見て心の葛藤があったらしく、頭を抱え苦しんで敢え無く死亡(仮)。
悲しむ沙慈だがGN粒子の光の中ルイス生き返りました(死んだままでのOKだったのに)
すっごく納得いかんのですが・・・(GN粒子はラインバレルかっての!)

一度死んだせいか?正気を取戻したルイス。さすがに最終回で病むことは無いでしょう。

 ★お次はダメラギ女子と絶望ビリー
恒久和平実現のためにイノベイターの力が必須である。統率された中で限定された自由を満喫すればいいと訴えるビリーに対し、スメラギはあくまでも未来は自分達で勝ち取らなければならないと意見は平行線。
御託を並べたビリーですが、GN粒子の中でスメラギの謝罪(ビリーの気持ちを知っていて利用した事)を聞き、結局スメラギを受け入れてしまう。
これが所謂惚れた弱味ってヤツですかね(笑)可愛さ余って憎さ100倍からまた可愛くなるんだよ、すごいな。
最終的に和解した二人はトレミーに侵入してきたオートマトンの応戦。
あれ?ビリーには制御できないんだね。

 ★ハレルヤ一言だけ出てきましたね~
余所見をしたアレルヤに対して『お前はマリーだけ見てりゃいいんだよっ!』ってやっぱハレルヤかっこいいわ。よっっちんは絶対ハレのほうがいいね。

 ★前回撃たれたマリーですが無事でした
ソーマからマリーに戻って小熊と対話です。
自分がアンドレイを討ってもセルゲイは喜ばない。こちらの憎しみの連鎖は既に断ち切られ、アンドレイにセルゲイを撃った理由を尋ねるマリー。
結局不器用な親子関係がすれ違いを生んだ。小熊は荒熊にもっと自分を見て欲しかったってことですね。寂しかったんすよ。
荒熊も言葉が足りない人だし子供の小熊にそれを感じ取れってのも無理な話でしょう。
それでもセルゲイはアンドレイのことを気に掛けていたはずだ・・・マリーの言葉に泣き叫ぶアンドレイ。
勘違いから実の父親を殺してしまったんですからある意味この後一番辛い人生を歩むのはこの人かもしれない。
 ★ロックオンVSサーシェス
ついに決着です!サーシェスの戦闘スキルの高さと小ざかしさに圧倒されていたライルですが、ティエがヴェーダを取戻した事でサーシェス機沈黙。
MSから逃げ出したサーシェスを追うライル。
観念したように銃を手放し両手を挙げるサーシェス。銃を向けたままのライルにアニューの『私達、分かり合えたよね』という言葉が甦る。
情に流されちゃらめ~~~ところがギッチョン!と一瞬の迷いをを見逃さなかったサーシェスですがライルの方が反応早く敢え無く死亡。
結局最後まで『ソレスタルなんたら』って名前を覚えられませんでしたね(笑)


 ★ティエリアVSリボンズ
ヴェーダの前で対峙したティエとリボンズ。
彼らはイノベイターでは無く『イノベイト』だそうです。真のイノベイターを発現させるために生み出されたのがティエたちイノベイトだそうです。比較級ですか?
そんなことラス前に言われても・・・って感じですが、そういう設定だから仕方ない。
しかしリボンズはイノベイターを超える存在に進化したそうな。この辺はどういうこっちゃワケ分かりません。

ティエが撃たれた~これはどう見ても死んだろうってくらい銃弾叩き込まれてます。
え?はぁ?マジでー!!と思ったけど、ここまで来てこのままやられるわけ無いよな~と思ったらやはりただではやられませんでした。
死んだはずのリジェネの声が聞こえてきましたよ。もう何でもアリですね。その途端リボンズとヴェーダのリンクが切れました。

死んだと思ったティエがセラフィムを起動。肉体はただの器でしかなかった・・・(いやぁティエ好きとしてはここも非常に重要なポイントなんですけどね)
トライアルフィールド(あったねーこんなの)を発動したためヴェーダの支配下にある機体はことごとく機能を停止してしまう。
たしかこれってティエにしか使えない設定でしたよね。

遺伝的に同じティエやリジェネは他のイノベイターの暴走を止めるための役割を担っていたと考えれば大方納得できます。

さてさてヴェーダにたどり着いた刹那はティエリアの遺体を見つける。
肉体を失ったがティエはヴェーダを掌握。自分の力で刹那たち人類を助ける事ができる。自分はイノベイトでよかったと自分自身を受け入れたティエリア(泣けるわ~)

ティエリアが語るイオリア計画の内容。人類が争いの火種を抱えたまま外宇宙へ出て行かないよう、人類は分かり合う必要があった・・・
これがイオリア計画の全貌?ってことはないですよね。
来るべき対話も異種との遭遇も全く描かれてないじゃないですか。
そんな不確定な要件のために世界を戦争に巻き込んで人類の意思の統一を図るって、イオリアのおっさんはどんだけ心配性なんだって話ですよね。


セラフィムが撃沈されました。
自称イノベイターを超えちゃった男・リボンズ再登場。
でっかいガンキャノン?に乗ってます。さすがはイノベイターを超えてるのでヴェーダ無しでも動けるようです。

この展開ってどこかで見たような・・・
1期のアレハンドロ・コーナーと同じような展開じゃないですか?
最近のガンダムって最後は敵が巨大なガンキャノやらMSやら最終兵器引っ張り出してくるんだよね。

乙女座はやられてからどうしてるんだろう?
コーラ君には全く触れてもないじゃない・・・

ああ、次回で最終回ですよ。
次回 【#25 再生】
スポンサーサイト