FC2ブログ

黒執事 第9話 『その執事、幻像』

【黒執事】09

サブタイいいですね。
さて今回もTVオリジナルの話です。面白かったけど普通に面白かったって感じ。
ストーリーがそう深かったり重かったりしないので見たまんま楽しかったですね。
(決して物足りなかったなどとは・・・)
しかしリアルタナカさんは大活躍!!そんなにリアルになって大丈夫か??

シエル坊ちゃん、セバスチャンに内緒で3バカにお仕事を申し付ける・・・
何やら企んでいるようです。

シエルが持ち出したのは“タルボットのカメラ”。これでセバスチャンを隠し撮りしろと仰いましたよ。
【黒執事】09 (1)
写った人物の一番恋しい存在が写ると言われている曰くつきの代物です。これセバスチャンを写そうとは、何やかやでセバスのことが気になる坊ちゃんです。
このカメラにはもうひとつ曰くがあり、そこに写るのは死者だけだと・・・リアルタナカさん説明ありがとです。

“セバスの恋しい存在”に湧きに湧きまくる3バカ。
しかし撮影には10秒間じっとしていなければならない。予想通り3バカはセバスチャンの撮影にはことごとく失敗する。
【黒執事】09 (4) 【黒執事】09 (6)
【黒執事】09 (7) 【黒執事】09 (8)
目にも留まらぬ速さで次々とお仕事をこなしていくセバスチャン。
セバスはシエルの思惑などとうに見抜いているが成り行きを見守るだけで特にアクションは無し。

セバス癒しのひととき・・・
【黒執事】09 (10) 【黒執事】09 (11)
【黒執事】09 (13) 【黒執事】09 (12)
ジェラったプルちゃんが猫にゃんを放り投げたよ。
すっかりセバス限定忠犬だわ(笑)

業を煮やしたシエルは自分の危機をエサにセバスの動きを止めることに成功。
いざ現像にかかったものの、セバスの忠犬となったプルちゃんに写真を焼かれてしまいジ・エンド。

執務室で眠ってしまったシエルの横に立ちそっと写真に納まるセバス(と一匹!)

今回はドタバタ回?
相変わらセバスはカッコイイなオイ。でも段々口さがなくなってきてるよ。
『アノ3人。いっそ犬にでも食べられてしまえばいいんじゃないですか?』って妖しい黒さが漂ってたのに腹黒さの方が勝ってきてる(あ、仕様です)

タルボットのカメラっていったいどういうものなんでしょう。
セバスも写ってたよね。でも誰が写したんだろう?セバスの俊敏な動きなら蓋とってシエルの横に立って蓋閉めにいく。なんてお茶の子さいさいだけど、それじゃ面白く無いじゃん。
写るのは死者だけじゃなくて、人ならざる者も写すカメラだと思ったほうが面白い。
これでシエルの恋しい(?)存在がセバスってことになるんだろうか?腐の人たちが騒ぎ出しそうだ・・・

恋しいというより、契約という形であれ一番身近にいて、気に食わなくても一番信頼できる相手ってことなんでしょう。

面白かったけど、やっぱりTVオリジナルで切り裂きジャックの上をいくストーリーは難しいですね。
スポンサーサイト