FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン #4

  【#4 戦う理由】

キャラが段々揃ってきました。
救出されたアレルヤに残るマリーとの出会いの記憶。
OO2-4.jpg OO2-4 (1)
被験体E57(アレルヤ)と被験体1号のマリーの接触。アレルヤの頭の中に直接語りかけてきた声の主がマリー。名前も覚えていないアレルヤに名前をつけてくれたのがマリー。
この様子をガラス越しに観察する超兵機関の研究者達。どんな些細なことも研究の対象としか見てませんから。この辺やらしいですね~

保護されたマリナはアザディスタンに戻ることを望む。
連邦に加盟しなかったアザディスタン。頑固な石油王です。まぁ今の連邦に参加しても協力という名の支配が待っているだけです。
大きく見ればそれも正解ですが、国家の現状が悲惨なものには変わりない。戻れば連邦の介入の原因になるかもしれない。それも覚悟で戻るって言うんですから断る理由はない。
頑固な姫様です。トレミーは進路をアザディスタンに向ける。

ミレイナに二人は恋人なのですか?と聞かれ速攻否定(ミレイナ可愛いな~)
OO2-4(15).jpg OO2-4 (3)
恋人じゃない。今後の展開でどうなるか分からないけど現時点ではありえないでしょ。
同志って感じですかね。

自分にも何か出来ることがあるのでは?
そう考えたマリナは一緒にアザディスタンに来ないかと刹那を誘う。
相変わらずこの二人の話の展開はいきなりだな。自分に出来ることを考えてて刹那に一緒に国を立て直して欲しいですよ。
この人完璧に非戦派ですから。戦いの中からでも生み出せるものがあることを知った刹那がついて行くことはない。でも刹那、マリナには甘いからなー
具体的な考えも持たずに平和な世界を創りたいと叫ばれても見てる方ははぁ?って感じになりますって。

模擬訓練を終えたロックオンを見つめるフェルト。その視線に気付いたロックオン。
フェルトがロックオンに惚れていたのをばらすハロ。あーここですか・・・
OO2-4 (4)
いきなりの不敬な態度にビンタかまして逃げ去るフェルト。乙女の純情弄んじゃダメですよ。
OO2-4 (5) OO2-4 (6)
顔がそっくりなだけにニールと比べられる。ライルに相当プレッシャーが掛かってきてますね。その重圧への裏返し的なシーンですがロックオンはこんなことしないって思ってしまうんですから自分もダメですわ。
今のところニールとかライルとか関係なくロックオンはロックオン以外の何者でもないと捉えているのは刹那だけじゃないかな?
ライル辛いな。でも乗り越えると信じてます!!


先の捕虜収容施設へのCB襲撃の件で詰問されるマネキン大佐(よく考えたら4年も経ったのに大佐のまんまなんだ)。
CBがマリナを連れ去ったことを知り、アザディスタン近くの海域に網を張るアロウズ。リント少佐キモい。
OO2-4 (7) OO2-4 (8)
  (でも矢尾さんだぁ。いい声だな)     リントから今回の作戦に推挙された人物・・・
ついにきました!!ミスター・ブシドー!!!変だ。やっぱ仮面変だって。何?日本にいたの??でも日本人がバカにされてるような気分になります。

CBの作戦行動を分析するマネキン大佐。マネキンとスメラギって種デスのタリアさんとマリューさんみたいな関係になりそう。

アロウズはGNドライヴを搭載した新型アームズを投入。開発に際して多額の寄付をした女性がいたとか?王留美しかいねーじゃん。また話をややこしくしてくれる(怒)

ライルからの情報でしょうが、カタロンもマリナ救出のために動き出した。連邦のやり方ではアザディスタンの未来はない。シーリンがマリナの元を出て行った時のことがやっとわかりました。マリナはどこまでも甘いんだなと(笑)
甘ちゃんでも皆が気に掛けてくれるマリナ姫。ヒロインていいな~

沙慈は監禁解けておやっさんのお手伝い。元々捕虜でもなんでもないですから。段々リヒティに近づいてる?戦争で大切なものを失ってきたマイスター達。おやっさんから彼らの背負ってきた過去を聞きた沙慈の心に変化が現れてくるんでしょうね。
戦う理由は人それぞれでも戦争を無くしたいって気持ちは同じです。それぞれの理由があるから戦いも生まれてしまうんですが、それを言い出したら話が進まなくなるので今日は流します。

アザディスタンに向かうトレミーを襲う魚雷。リントの読みは当たりました。作戦が上手くいき自信満々のリントですがマネキンの不安が現実のものとなり、リントの計画を上回るスメラギの戦術で戦況が逆転する。こういう展開好きだわー

排除行動に出る刹那の脳裏に『私と一緒に来ない?』とマリナの言葉が横切る。えーここで一瞬揺らいじゃうんですか?むーマリナ恐るべし。
しかし取り直した刹那の攻撃でせっかくの新型アームズ・トリロバイト敢え無く撃沈。

アリオスはトランザムを使い高速でOOを運び(トランザム使い過ぎ)戦いは海上へ。マネキンたちの乗る母艦を攻撃しようとしたOOガンダムに横槍を入れてきたのはミスター乙女座!!
OO2-4 (9) OO2-4 (10)
細かいことにソードも日本刀型なんだよ。アヘッドに変な飾りまでついてるし・・・
男のこだわりですか?ブシドー。
そのメットは・・・どうすりゃいいんだ?!どういじれってか!!今週の待ち受けコレだもん・・・OO2-4 (11)
いちいち笑いのツボを刺激してくれる。
 


『その剣さばき。間違いない。あのときの少年だ。
なんという僥倖(ぎょうこう)!生き恥を晒してきたかいがあったというもの!!』
 
僥倖って、難しい言葉よく知ってるよね。さすが乙女座。でも刹那は相手が乙女座って気付いてません。
また片想いですよ。

アリオスに向かってきたのはソーマ・ピーリス。こっちはこっちでアレルヤの片想いっすよ。ピーリス相手に圧されるアレルヤ。ハレルヤが消えた影響か?以前のような力が出せていないようです。
しかしカタロンまで参戦してきて戦況は不利と判断したマネキンが撤退を指示(ナイス判断)。
刹那との手合せはお預けですね、ブシドー。

刹那はマリナをカタロンへ送り届ける。そこでカタロンの構成員となったシーリンと再会するマリナ。これからどうするんでしょう?
また確たるビジョンもないまま戦いは何も生み出さない、とか演説を始めるんでしょうか?

Cパート。
絶望ビリー、アロウズで復帰。エイフマン教授の後を継いで新型MS開発主任となる。
一方覚悟を決めCBの制服に袖を通したスメラギ。
OO2-4 (13) OO2-4 (14)
スメラギに利用され裏切られ気持ちを踏みにじられたと思い込んだビリー。可愛さあまって憎さ100倍!!
知らなかったとはいえ、軍の作戦プランとか見せてたの自分じゃん。
どんな強敵を開発してくるのやら・・・。

次回 【#5 故国燃ゆ】
アロウズ容赦なし。クルジスが戦場になる?
スポンサーサイト