FC2ブログ

紅 -kure-nai- 最終話

最終話 【われ存在り】

今期終了アニメの中ではダントツに面白かった。全12話にしてはきれいにまとまっていたし、キャラもよかった。脚本がすごくよかった~

一人九鳳院に戻った真九郎を追って車を飛ばす紅香。
リンに見つかりました。紅香を見つけたときのリンの顔が病んでて怖い・・・
疾走する車に前に立ちはだかり手刀でガラスを割るって・・・つーか轢くかと思ったのに除けたよ。
しかもガラスを割られて『高い車なのに』ってそこ気にするところかい?その前にガンガン灯ろうにぶつけてたじゃん。

勝手に動いた真九郎はというと、案外簡単に九鳳院の屋敷(奥の院)に潜入成功!
簡単すぎる。護衛は何やってんだか(さすが最終話)


真九郎は奥の院へ続く間で蓮丈に見つかる。
あくまでも紫の意見を尊重するという真九郎に対し、九鳳院のしきたりで対抗しようとする蓮丈。
蓮丈自身も九鳳院の矛盾と異常性を理解しているのに、無理に“九鳳院当主の仮面”を被り続けようとしてる感じです。
母親のようになりたくないと言った紫。蒼樹は意思が弱かったから死んだと切り捨てようとするが、真九郎は強かったからお前に殺されたと反論する。蒼樹の話を聞き動揺する蓮丈。

外では車で追いかけてきたリンと紅香のカーチェイスが展開されていた。
もう高級車なんて関係ありません。車のまま座敷にお邪魔してますよ。そのまま二台は真九郎と蓮丈の前に突っ込んできた。
リンの車ははじき出され壁を突き破り池の中へ。紅香は真九郎と共に紫の元へ。動けるようになった弥生はリンとの決着をつけようとする。

まだ出してない技を試してみたい・・・
真九郎を監視し、一度手合わせしたことで崩月流の型を使う弥生(凄すぎる)
一方今度は手加減なし。真九郎も崩月で竜士に対峙する。
真九郎と弥生の技がリンクしてとてもかっこよかった!!竜士もリンも崩月の技に全く歯が立たない。

紫にどうしたいか尋ねる真九郎。紫の答えは『奥の院を出たい』

蓮丈と和子もやってきて紫争奪戦かと思いきや、しっかりと自分の意見を言う紫とその話をきちんと受け止める蓮丈。外に出て恋をしたい。蒼樹が蓮丈に恋をしたように、自分も恋をして好きな人のそばにいたい。
そして紫は奥の院は出るが九鳳院を去るつもりはないと言う・・・

紫は奥の院というしきたりは否定するが、九鳳院そのものを否定するわけではない。九鳳院に生まれた女として九鳳院と戦っていくと決めたのだった。

紫が九鳳院の伝統に抗い、蒼樹と同じようになってしまうかは紫次第。紫を外に出すのは蒼樹の願いでもあった・・・紅香の言葉に放心する蓮杖。
そのやりとりに怒った竜士は紅香を刺す・・・
紅香が刺されたのを見た真九郎は角の力を使い竜士を切りつけた。
真九郎は一人で強くなるために角(武器)を体に埋め込んだ。でも周りの人が支えてくれて一人ではないと気付いたとき、角は使わないと誓ったと話す。
告白した真九郎に自分と同じだと告げる紫。追いつかないと思っていたが間に合いそうだと・・・
真九郎の告白は懺悔のようでした。紫に否定されなかったことで救われた感じがしますね。


紫の意思を認めた蓮丈。九鳳院の当主として家族を守ると誓う蓮丈。九鳳院の女として大きくなると誓う紫。これから九鳳院は変わっていくのでしょうか?
蓮丈のひざの上で話をする紫。今すぐとは言わなくても変化の一歩を歩み出したことに違いはありません。

五月雨荘に戻る車中で真九郎は幸せな夢を見る。誰か(紫です)と狭いけれど幸せで安らかなすみれの咲く坂道を歩く夢。
すみれは蒼樹を象徴する花のようです。蒼樹が真九郎と紫を引き合わせたんでしょう。

紫と真九郎が出会った事で二人自身も変わったけど、周りの人間も変えてゆく。
ちょっと蒼樹に縛られすぎていたような感じはありましたが、良作でした。

ストーリー・・・・・・・・・・4点
キャラクター性・・・・・・・4点
画・・・・・・・・・・・・・・・・3点
演出・・・・・・・・・・・・・・4点
音楽・・・・・・・・・・・・・・3点
総合的な評価・・・・・・・4点
スポンサーサイト