fc2ブログ

仮面ライダー キバ 第17話

 【 第17話 レッスン・マイウェイ 】

キャッスルドランに運ばれた渡。
 “音也との約束”があるためガルルたちは渡に手出しが出来ないことが判明。
工房で目覚めた渡。今のは夢?
約束の内容が気になりますが、これはまだ先の話になりそうです。

大ちゃんがチェックメイト・フォーだったことにショックを受けた渡は置き手紙を残して旅に出る。
そこで出逢ったマミにアーチェリーを教えてもらう。

現金輸送車を襲う坂口を追い詰めた名護。
しかしお約束のボタンが外れない!ボタンに気を取られている間に反撃に会い逃げられてしまう。
車で逃走する犯人を走って追いかけてます。速いけど・・・なんかダサイ。すっかりもてあそばれてます。
アンタどんだけボタンに執着してんですか!!

今週の音也はステキな台詞ばかりです。
屋上でバイオリンを弾く音也。ゆりに何をしているのか聞かれ
『都会のコンクリートジャングルは渇ききっている。その渇きを俺の演奏が癒すっ!』
ゆり軽く流して頼みがあると言う。
『俺が欲しいならいつでもくれてやる。さぁ俺をもてあそぶんだ』ゆり、ここでも完全スルー。
知り合いの子にバイオリンを教え、オーディションに合格させてやって欲しいという。
音也はゆりとのデートを条件に引き受ける。

『わりぃごはいねぇか~』ナマハゲだっ!止めて~笑う。この子がまたかなりの問題児でこれまでにも先生を何人も辞めさせているらしい。
ゆりのアドバイスに『安心しろ。俺は全ての女性のタイプに適応出来る。しかも対象年齢問わずだっ!』この無駄な自信が音也です。
しかしこの子が生意気なんだな~。バイオリンを弾かせた音也。才能が無いとバッサリ。
ゆりとのデートのためにオーディションに受かって貰わなければ困ると言い放つ音也。
こういうことを隠さず言ってしまうのも音也です。
怒って飛び出したマミにカフェで食事をさせるが、マスターにツケはきかないと言われてしまう。払えないならトイレ掃除。
それをマミにやらせる音也。素直に掃除してるじゃん。
そこに次狼が入ってくる。音也と次狼はイクサ巡って勝負をすることに。勝負はビリヤード。音也はその場にマミも連れて行く・・・
音也はマミに何を教えようとしているんでしょうか。バイオリンの技術とは別の大切な事なんでしょうね。
外はすっかり暗くなってます。
『ボタンだ~ボタンだ~俺のボタンだぁ』ゴメン!謝る!名護怖い。
電波的意味で怖い・・・(笑っちゃダメだって!)

坂口の正体はシースターファンガイアだった。ここでもタコ殴りにされた名護。イクサに変身する間も無く逃げられてしまう。

マミとスポーツクラブにやってきた渡はその前で恵と会う。『こんなおばさんと女遊びだなんて!』えっといきなり失礼ですよ恵さん。
強引に連れて帰ろうとする恵。引き止めようとするマミ。結局3人並んでトレーニング。渡、虚弱過ぎます。
アーチェリーで勝負する恵とマミ。その最中、突然倒れたマミ。以前、練習中にファンガイアに襲われ、それが原因で五輪選考にも落ちてしまったことを告白。

そんな時ファンガイアが現れた。バイオリンの共鳴を聞いた渡はキバに変身。
迷いながら戦うキバ。動きが鈍い(キバットが風邪を引いているのは関係ない?)

そこにまたまた名護乱入。
イクサに変身し、ファンガイア完全無視でキバに襲い掛かる。マジで空気読めん子だ。

このままでは埒があかないとキバットはガルルセイバーを呼び出すが、何故かガルルセイバーはイクサの元へ。ガルルセイバーを手にしたイクサは容赦なくキバに攻撃してくるのであった・・・

過去マミ=現代マミですかね?
今日の音也くんは久しぶりに全開だったんじゃないですか?音也がステキ過ぎる~
それに引き換えボタン名護が・・・全壊でしたね。

次回、キバ、ガルル、バッシャー、ドッガ、全フォームが合体するみたいです。ドガバキフォームだっけ?
クライマックスじゃないんだ・・・
スポンサーサイト