FC2ブログ

ウエルベールの物語 第二幕 結実の章

最終話です!いろんな意味ですごいアニメだったな~
戦闘が続くレオンガルドではハイデル王がノイシュバーンを説得中。
自分の命と引き換えにウエルベールへの攻撃を止める様話すが、全然説得できてない・・・
この甘ちゃん王め!
結局ノイシュバーンはウエルベールの王になりたかったワケさ。

動力部で敵の銃弾に倒れたローデン。ティナに壁にあるレバーを下げるよう指示。ローデンは閉まる扉の向こうにティナを突き飛ばし、自分は爆弾のスイッチを押すために扉の前に残る。
このときのローデンがまたイケメンなのさ(でもウエルベールではイケメンは生き残れません)
ローデンの行動に納得いかないティナ。扉に向かって泣き叫ぶ姿は惚れてるようにしか見えん。
ティナの手にかかって死ぬことが出来ないことを詫びるローデン。
背中に銃弾を浴びても倒れねー4発はキツイだろう。
敵を真っ直ぐに見据え『これが私の決着の付け方だ』とスイッチに手をかざす。タメが・・・タメが長ぇぇぇ~~
ぽちっとな
導火線を青い炎が走り、爆発!すんげぇぇぇ破壊力。ティナも絶対巻き込まれたって!!
戦艦沈めさせれば右に出るものはいない男ローデン・シオール。

しかし二人の王のいる司令室は揺れただけ。レオンガルドの構造が分からん。
動揺するノイシュバーン。『動力室を爆破したのです!』語りながら登場するリタ。ええ~?

動力室は木っ端微塵。ティナは奇跡的に(いやマジで奇跡だろ?)助かった。そして倒れるローデンを見つける。ローデンの死に顔が綺麗だ・・・じゃなくて流血程度で済んでることが奇跡だよ!

これまで・・・と覚悟を決めたノイシュバーンはハイデル王に向けていた銃を自らのこめかみに当てる。
目を閉じたノイシュバーン。銃声が響く。
ノイシュバーン死・・・ええ~リタが止めてるよ。早っ!超俊足。
生きて罪を償えとノイシュバーンを確保し、連行するリタとハイデル王。その途中で目に入ってきたのは階段の下に倒れているガラハドの姿だった。
『ガラハド、どうしたのですか?目を開けてください。
この戦争が終わったら式を挙げると約束したではありませんか』

あなたがそんな王道フラグを立てたからガラハドは死んだんですよ。

動力部を破壊されたレオンガルドは沈むのを待つばかり。ティナはリタの元へ戻ろうと急ぐが浸水してきた水に阻まれる。水の中で必死にもがくが力尽きてしまい・・・
ティナも死亡??・・・ないないない。

Bパート。いきなり1年後?なんだこの超展開。
平和を取り戻したウエルベール。ノイシュバーンは流罪。監獄島に収監され、グリーダムは王妃が摂政となり幼い息子が王位を継承した(口の利き方を知らんガキだね)
王族を失ったサンガトラスはウエルベール、グリーダム、ロンダーで暫定的に統治することになった。
はい、ガラハドのお墓に向かって解説ありがとです、ヴァイス。
ガラハドもローデンも死んじゃったねー
街はまだ復興中。その中で国民と一緒に作業をするリタ。やっぱ髪長い方がかわいい。1年ぶりに教会に鐘が戻った。リタはその音を聞き、叶わなかったガラハドとの結婚式を思い浮かべる。
いあや、ぶっちゃけ妄想です。『あはは、あははは』笑顔で見詰め合う二人・・・はっきり言ってキモかった。
つか、墓参り行かないの?
寝ているリタを呼ぶ声がする。『ティナ!』と思ったら幻かいっ!
妄想やら幻想やら姫様相当ヤバくないか?

『ティナが見つかったのですか?!』また時系列逆走(リタの髪が短い)
ティナも死にました・・・どっこい生きてたよ~びっくりした?って演出を狙ってたんでしょうか?
ここまで散々やらかしておいて、んな事で驚かねーっての。


二人の様子を見守るシェリーとキーラと・・・・ボ、ボル爺ですと!
えええええええ~~ボル爺復活してるし!驚いたぞ。頭が無事だったから何とか元通りに出来たですとな?
マジなに?この演出。だからボル爺爆破されたのにスルーしてたの?

目を覚ましたティナ。ティナ記憶喪失展開くらいくるかと思ったけどその辺は王道は使わないのね。
なんでここから二人の台詞消してんのさ?もうここまで来てもったいぶらなくていいって。多分ローデンの最期をリタに話してたんだと思います。

またいきなり展開。一幕に出てた娼婦・ジェシカが手紙を送ってきた(あ~いたねぇ)。娼婦街がなくなり(リタが無くすって約束してた)新たな人生を歩み始めたが、今働いている孤児院を立てた時の借金が返済出来ず、何とかして貰えないかという金の普請の手紙でした。そこでティナも一緒に働いている・・・?どういうこと?
手紙を読んで『旅に出ます!』とこれまたボル爺を引っ張り出すリタ。まったくこの姫様はまたですか?

リタに手紙を送ったことを責めるティナだが1週間で100万キュラソーの返済なんてとてもじゃないが無理な金額(らしいです)誰か円に換算してくれ。
孤児院があるレガールについたリタとボル爺。

リタの回想です・・・もう王室の世話になるつもりは無いと城を出て行くティナ。リタは考え直して欲しいと懇願するがティナの意思は固く、少しだが持っていって欲しいと渡そうとしたお金も『そんなもののために親友になったわけじゃない』と受け取って貰えなかった。
上記のようなことがありまして、素直に受け取って貰えないと考えたリタ。
つーかお父様にお金を用意して貰ったって、それ税金じゃねーの?国が孤児院の運営すればいいじゃん。

借金の返済期日。債権者を前に全額用意できなかった。あれ?杉田だ。ローデン復活?じゃなくて債権者の一人に使いまわされてる。
そこにまたまたリ~タ~さま『話は聞きましたわ』的登場!
使って欲しいとお金を差し出すが、受け取れない、持って帰ってくれと言うティナ。これは自分の髪を売って手に入れたお金だ。親友として貸すのだから受け取って欲しい・・・
ウルウルウルウル。がしっ!抱きっ!クルクルクル~~・・・・・・・・・・・・
なに?この展開。最終回でこれいるの?
100万キュラソーの髪なんてありえない。分かってるけどみんな見て見ぬ振りですよ。ここはひとつ生温かい目で見てやってください。
『100万キュラソーで自分を護衛として雇わないか?』
ティナの申し出に二人はウエルベールへ戻りましたとさ。

後にウエルベールはリタが継ぎ、ティナは近衛隊長になったという話ですわ。

一幕はそれなりに感動できたのに、二幕でグズグズになった原因は何だろう。面白いのツボが変な方向に向いたウエルベール第二幕。
これ3部作の予定なんだよね。もういいんじゃね?脚本変えたらいけるかな?
スポンサーサイト