FC2ブログ

ゴールデンカムイ 第30話「悪兆」

第30話「悪兆」

白石がいい奴過ぎる!

尾形とヴァシリの対決。
尾形を観察するヴァシリ。しかし尾形は微動だにせず時間だけが過ぎる。
どう見ても雑な潜伏に疑心にかられる。

明るくなり尾形が足跡を隠した痕跡を発見。その先にはウイルタ族の天葬の棺。
まぁ誰しもこの中に隠れていると思うわなぁ~棺を打ち抜いたヴァシリ。
その瞬間尾形が動きヴァシリの顎を撃ち抜いた!(シモ・ヘイヘか)

先に動いた方の負けかぁ。雪を含んで息を消しこれ見よがしなとトラップで相手の居場所を知る。
スナイパー同士だから成り立った作戦でしょうね。
この対決は尾形の方が一枚上手でした。でも貫通してそうだしヴァシリは生きてるんだろうな。

キロランケが指名手配犯だと知ったアシリパさんと白石。
15歳の時サンクトペテルブルグで反体制過激派組織と知り合ったキロランケ。
モミアゲが立派な15歳だなぁ。

キロランケが投げた爆弾はわずかに皇帝の馬車から外れ、そこをウイルクがフォローして無事任務達成。
よく無事で戻れたな。ウイルクの目がキレイだわ~これでテロリストなんですよね。
父親が暗殺犯とはなかなかの修羅場ですが、スタートが囚人だし今更かな。

ヴァシリを撃ってすぐに撤退行動に出る尾形。心底スナイパーだな。
裏の裏をかいて勝利した尾形ですが、長時間雪を食べながら囮作戦していたせいでボドボドです。

ウイルタ族のおっちゃんのイトコさんの村で休息。
アイヌの民間療法。アシリパさんはどこでも生きていけるなぁ。
イトコさんは「サマ」いわゆるシャーマンらしい。神と人をつなぐ存在。
病気の時は悪いものが憑いていると信じられ、賑やかにして神を呼ぶそうです。
アシリパさんと白石のは完全に騒音だぞw

熱と音で一種のトランス状態なんでしょうね。尾形は優秀な腹違いの弟のことを思い出す。
家族で唯一尾形のことを愛し、慕ってくれた勇作。

勇作を飲みに誘う尾形。普通の料亭ではなく、大人の遊び場。
DTは弾が避けていく・・・勇作はチェリーさん。眉目秀麗、成績優秀で品行方正。
日露戦争では兵士たちを鼓舞する「旗手」として名誉ある従軍。

そんな弟に黙ってりゃ分かりゃしねぇと女を勧めるが品行方正さんはきっぱりお断り。
尾形にとってこの弟は眩しすぎるよ~
ゲン担ぎは信じていることに意味がありますからね。
自分が信じていないことで仲間を巻き込むことはDT卒業お断りより怖いんでしょう。

勇作が去った後現れたのは鶴見中尉。勇作を仲間に引き込みたいようですが、この人を堕落させるのは難しそうです。
高潔過ぎる弟を落としてやりたい。自分と同じ場所に堕とし、人間など変わらないと知らしめたいのでしょうか。

尾形が動けない間にここから逃げようとアシリパさんに進言する白石がまともなこと言ってる!
結構周りのこと見てるんだよなぁ。(でもウ〇チで誘うにやめなよw見ねぇよ)

キロランケはウイルクが金塊を隠した理由を知らないはずだった。
帝政ロシアに潰された少数民族の出身。ウイルクとキロランケは少数民族の独立のために戦った同志。
単に大金が欲しいなんて生易しい理由じゃなかった。
政治情勢も絡んで結構デカい話になりそう。

アチャのことを知りたいと願うアシリパさんは残ることを選ぶ。
少数民族の出身でテロリストで指名手配犯でのっぺらぼうと呼ばれた囚人。
父を知る旅の中でキロランケと袂を割った理由も分かるんでしょうね。

旗手として走る勇作。彼のおかげで弾に当たらんと後ろに第七師団が~
中を鼓舞し人心を掴んでいく勇作に対し、一人淡々と敵を撃ち続ける尾形。
真逆の兄弟。勇作を呼び出した尾形はロシア人捕虜を殺せと命じる。

しかし旗手は殺してはならぬという父の言葉を頑なに守ろうとする勇作。
敵を殺さないことで偶像となり勇気を与える。
人を殺すことで罪悪感が生まれる。罪悪感を持ったものは偶像にはなれぬという事ですか。

神聖な旗を掲げる人間は清廉であれ。故に士気を高揚させられるという事でしょう。
同じ父を持つのに黙々と人を殺し続ける尾形にこの言いようは酷じゃないですかね。
尾形の殺す理由は母親のためじゃなかったっけ?

罪悪感などない、皆自分と同じと思っていたのに自分が歪んでいることに気付いてしまった。
戦場で後ろから勇作を撃ったのは完全に私情だと感じました。
勇作振り返ったよ~兄に撃たれる予感があったんだろうか。
アシリパさんに弟を重ねたのは同じ高潔さを感じたからかな。

トナカイの肩甲骨で占い。後方から人が来る。
実際来てるしね~杉元たち以外も続々追いかけて来るかな。

白石とはここでお別れ。
白石に入れ墨はもう写し済みだしこれ以上危険な旅に同行する理由もない。

一旦は見送った白石ですが、杉元の「アシリパさんを頼む!」という言葉が甦る。
アシリパさんたちを追いかける白石。律儀な奴だよ、まったく。
「待ってぇぇぇぇ~」が可愛すぎるだろw

普通だと思ったトナカイの肩甲骨が不吉に割れる。ラストで悪兆来ちゃったよ。

血に高貴もクソもない。同じだと思っていた血(実際半分同じ)が決定的に違うと突き付けられた。
尾形の過去が重過ぎます。
アシリパさんと旅をして尾形に救いがあるといいな。

スポンサーサイト