ゴールデンカムイ 第10話「道連れ」

第10話「道連れ」

二階堂、サイレント・ヒル出身かよ!



逃げる谷垣と追う尾形&二階堂。
不利な谷垣はヒグマの足跡を見つけて尾形たちを待ち伏せ。
餌を隠して見回りするってヒグマって周到で用心深いのね。
夜になり暗闇の中では動けない。火を炊いてもいいかと言い出す二階堂。尾形じゃなくても見つかるって分かるわ。
春先とはいえ北海道の寒さは堪えますね。

朝になり鹿(クマーの餌)のそばで火が炊かれているのを発見。
谷垣の罠だと警戒する尾形は二階堂に様子を見に行かせる。完全にワンコですよ(リュウの方が賢そうだがw)

釣られたクマー!突如ヒグマに襲われる二階堂。辺見が見たら大興奮じゃないですか~
二階堂を助けるために熊を撃てば居場所がばれる。二階堂を捨て駒にするほど冷徹ではなかったか。

二瓶の銃を持っていることを知らず、舐めプした尾形を谷垣が二瓶の銃でヒット。
小さくおっきしちゃう谷垣が可愛いw

谷垣に声を掛けて来たのは第七師団の三島。
造反組を炙り出すためにずっと尾形たちをつけていたらしい。さすが鶴見中尉、侮れんわマジで。
と思ったら三島速攻で退場。尾形生きてました。仕留め損なったって頭狙わなきゃですよ。

鶴見中尉がまた変な動きしてる。耳削ぎ落としてバランスとらなくてもいいですから!
次は鼻。それでも裏切り者の名を吐かない二階堂ですが、杉元を殺させてやるという言葉に即手のひら返し。
コイツも相当壊れてるよな。裏切った団員の鼻を削ぎ落としている間に谷垣も尾形も逃走したようです。

杉元と白石は福寿草を見てほのぼの。杉元はホント可愛いもの好きだよねw
イトウは福寿草が咲く頃に戻って来る。ヒグマを食うほどでかくなるの!?

アイヌの仕掛けた罠を見に行って川に落ちる白石。水難の相でもあるんかいな。
巨大イトウに食われ(かけ)た白石を助けたのはアシリパの父の古い友人・キロランケニシパ。あら、男前じゃない。
北海道に流れ着いた移民系アイヌという感じですか?

暖を獲る白石とキロランケ。白石の白石規制に気を取られたけど、キロランケの胸毛も凄いなw
イトウの皮で服も作れる。しかしイトウは皮が最も旨い。食べるか残すかで悩むアシリパさん(食う気満々ですけどねw)に食べちゃえばと囁く杉元。
ホントこの人たち食に貪欲で好き。目玉も行っちゃうのかw

不死身の杉元の名を知っているキロランケは元第七師団。
警戒する杉元。一気に空気が変わりますね。両親しか知らないはずのアシリパさんの和名を知っていたキロランケ。
土方もアシリパさんを捜してる?

ここでキロランケから衝撃発言。
のっぺらぼうがアシリパさんの父親だ、と?アイヌの金塊を娘に預けるために囚人が小樽に集まるように仕組んでいたようです。
白石が入れ墨の囚人だと明かした杉元。しかし他の人皮については明かさないのね。
キロランケは一見いい人そうだけど、まだ分からないなぁ。

コタンに戻ると谷垣すっかりアイヌに馴染んでます。ビヨヨ~ン、オソマちゃん必死すぎて可愛い。
キロランケを信用していない杉元。お前の事も信用してねーけどと言われて悲しそうな白石にワロタ。

のっぺらぼうがアシリパの父親かどうか確かめるために網走へ。
白石の馬だけちんまりと道産子。白石がイチイチ笑わせてくれるんだがw

Cパートの美女は誰だ?もしやこの人が男の娘の囚人?大原さやか姉ボイスにぞわぞわします。
そして次回のサブタイがヒドイw

多分相当規制掛かっていると思いますが全体的にグロかったです~
鶴見中尉のターンはだいたい痛いんだよな。谷垣がまだ控え目ながら二瓶のおっき継承。
飄々としながら確実に仕留めていく尾形は妙に色気があるし、ギャグから殺気への杉元の切り替えの早さにもゾクゾクしますね。
スポンサーサイト