FC2ブログ

弱虫ペダル GLORY LINE 第18話「鳴子の意地」

第18話「鳴子の意地」

鳴子が超絶格好いいんだが!


追い越していったはずの熊台が途中でばらけているのを見て嫌な予感。想定外の事が起きている?
その先は特にトラブルも無く先頭に追いついた!手嶋の許可も下りて真波くんと勝負が出来るとウキウキの坂道。
と思ったら真波くんの様子がおかしい。勝負が出来ない、だと?

全く状況を理解していない鏑木。はい、どう見ても人数が足りません。両チームともエースとクライマーがの姿が無い。
ここはトップではない。熊台を盾に箱学を油断させて早々に仕掛けた京伏にしてやられちゃったんですね。
何とか反応して悠人と葦木場を出したが後はおいてけぼり。熊台は状況が理解できず気づいた時には既に手遅れだった。

真波君との勝負を楽しみにしていた坂道もショックを隠しきれません。
しかしここはインターハイ。個人の勝負優先というわけには行かない。手嶋はオーダーを変更。
坂道と今泉を前に出し、先頭に追いつくように指示。後ろ髪を引かれてもチームを優先する坂道。
ここまで心ボッキボキだった今泉に励まされてもなぁって感じですが、状況が変わって今泉も腹を括ったか。

京伏のクライマー君が気の毒。
固まっている時からギリギリの勝負を仕掛けて疲弊していたのに、限界まで回せとな?
代わってくれという懇願に近いお願いも全く聞き入れてもらえずマジ使い捨て。

京伏と箱学の一騎打ちかと思ったら鳴子いたーーー!小さくて見えないとか・・・w
一瞬たりとも御堂筋くんから目を離してなかったんですね。この執念はすごいわ。

御堂筋くんの煽りを俺様メンタルでスルーしていく鳴子。
俺様最強と言いながらチームを信頼し、チームメイト大好きな鳴子。
方やチームも仲間もない。勝つための道具として利用するだけ考える御堂筋くん。本当に正反対ですね。

御堂筋くんが山の途中で落ちると煽ったり、引き離そうと加速するしても意地でついて行く。
体は限界。それでもチームを信じて戦う鳴子にが熱いわ。余裕だった御堂筋くんがイライラし始めましたね。

来ている気がする。誰が?具体的に言えと言われて「ス?」って聞かれてもw
スカした奴ね。ホント素直じゃないな~鳴子が坂道ではなく今泉を待ってるところがいいですね。
はい、後ろから来てますよ(追いつけるかどうかは知らん)
でもこれで追いつけず、鳴子も落ちて京伏が2日目獲りました~では当然面白くない。
そろそろ今泉も格好いいところ見せなきゃファンがいなくなりそう。
箱学と京伏にしっかり食らいついていた鳴子。2年になってから鳴子の株爆上げですね。

Cパートは「荒北さん」に反応する黒田が可愛いという事ですねw
スポンサーサイト