魔法使いの嫁 第21話『「Necessity has no law.」

第21話『「Necessity has no law.」

エリアス最低!と言い切れないところがなんとも・・・


ドラゴン事件の後処理で不眠不休のアドルフさん。セルキーの膝枕でしばし休憩。
セルキーを通してリンデルの声が・・・の二人師弟関係だったのね。
魔法使いになれなかった半端者。越えられない壁があったんでしようね。

チセとエリアスはドラゴンの呪いを解くために魔女の集会に参加。
結論から言えば魔女も呪いを解く方法を持っていなかった。
マリエルは師が受けた呪いの解除を対価に、チセに協力を申し出たんですね。
現状、呪いを解く方法は無いと分かった事が収穫かな。

エリアスに何かを囁いたマリエル。戻ったエリアスはチセに黙って1人で動き出します。
何があってチセを選ぶな?とルツに確認。カレッジまで出掛けたりかなりアグレッシブに動いてます。
サイモンにもすっきりしたと言われてるし。目的はチセのためですね。

エリアスが自分に黙って何か企んでいると感じていたチセは何があって自分のために行動して欲しいとエアリエルに頼む。
最初はチセがスレイベガだから興味を持った。でも今は羽鳥智世って女の子の事も好きになってくれたエアリエル。
この二人のやり取りがめっちゃ可愛いんですけど。

おまわりさん、こいつです!
エリアスがよからぬ事を考えていることに薄々気付いていたチセの元へエリアスがステラを連れて(いえ、誘拐です)戻って来た。
目が覚めたら良くなってる・・・ルツの言葉が不穏です。命の対価は命。マリエルはエリアスにも言ったのね。
どう考えてもステラはチセの身代わりじゃん。

置いて行かれたチセの夢に出て来たネヴィンの安定感たるや!
ネヴィンの言葉はチセに答えと勇気をくれます。でもそれはチセの中で出ている答えの後押しをするだけと謙虚なネヴィンが好き。

強引に目を覚ましたチセ。儀式に準備を始めたエリアス。横たえたステラからカルタフィルスの声ががが!
呪いが専門じゃないからエリアスも気付かなかったんだな。動揺している間にチセはドアを破って侵入。
エリアスに殺される~とチセに抱きついたステラ(カルタ)チセ激おこです。
ゴメンと謝っても何に対して謝っているのか分かっているのか?ステラを身代わりにしようとした事。一応分かってるんだ。
身代わりにするならステラかなーと思って。チセがステラに向ける違う顔に嫉妬。

チセ以外どうでも良くてもチセ自身はそうではない。嫉妬からステラを使おうとしたのは最悪手。
一緒に考えたかったのにと訴えるチセにエリアスは約束はしていないと・・・チセにとって一番大事な部分だったのにエリアス盛大にやらかしたな。
ガチギレして骨にグーパン。痛そう~

追うのも出て行くのもダメと言われて固まるルツが可愛い。エアリエルの足止めさせてステラを追いかけるチセ。
あ、正体見破った~ヨセフと言い変えたのは逆鱗に触れないため?
いつもならカルタフィルスの甘言に乗るようなことはない。しかし今はステラを人質にされているようなもの。
エリアスへの不信感もあり、カルタフィルスに着いて行ってしまったチセは更なる悪夢を見せらるようです。

全体的にイライラする回でした。エリアスは全然分かってないし、エリアスが分からない事がすっぽりと抜けちゃったチセ。カルタは通常通りです。
次回はついにチセの過去に触れそう。重い話確定でしょうが凄く気になっているので楽しみでです。

スポンサーサイト