ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話「        」

第7話「        」

ついに真実を知るときが来てしまったか。

公開恋文の代筆で指名が増えたヴァイオレット。
今回のお客様は劇作家のオスカー・ウェブスター。作家になりたいエリカは羨ましがってましたが、実際のオスカーは飲んだくれさんか?
体調が悪くて書けない。アル中なんでしょうか。
ヴァイオレットは仕事中はお酒は控えてくださいと意見具申。しかし明日から本気出すと飲み始める劇作家さん。

ヴァイオレットは仕事に差し支えない程度の部屋を片付ける。
タイプはあるけど用紙が無い。ついでに夕飯も買って来てくれ。メイドではないと言うヴァイオレットですが、旦那様寝ちゃって話聞いてないし。

リクエストはカルボナーラ。
店でレシピを聞いて料理に初挑戦。料理スキルはほぼゼロ。義手で卵を割るのは難しいのかな?カルボナーラ風の何かの塊が完成しました。
しかし初めてにしては上出来だそうです。

オスカーのためにお酒を隠す。人の体調も気にするようになったんですね。
仕事に掛かれば物語の続きが気になる。主人公に共感したり随分と人間臭くなってきました。
怪物を倒した主人公のオリーブはどうやって彼女を待つ父の元へ戻るのか?まだ考えていないと答えるオスカー。
考えないと帰れません。考えましたか?随分とめり込んでますね。

男の1人暮らしには似合わない綺麗な傘を見つけたヴァイオレット。
ヴァイオレットと同じ髪の色の少女の持ち物のようです。しかし辛い思い出でもあるようで、傘を差したヴァイオレットを怒鳴りつけてしまう。
触れてはいけない部分ですが、ヴァイオレットは心に何か隠しているのではないかとオスカーを問い詰める。
結構グイグイ行きますね~

今書いている物語は娘に聞かせたもの。主人公のオリーブのモデルは娘のオリビア。
妻を失ったオスカーの生きる理由ですね。水鳥のように湖を渡りたい。傘で風を受ければ出来るかも・・・
お父さんにもいつか見せてあげると言ったオリビアの願いは叶いませんでした。
病に倒れたオリビア。妻も娘も失ったオスカー。
二度と会えないというのはこんなにも寂しく辛いものかと涙を流すヴァイオレット。他人の心に共感して感情移入し、涙を流すまでに成長してた。

自分のために泣いてくれたヴァイオレットを見て物語を完成させるとやり気を取り戻したオスカー。
精霊の力を失ったオリーブをどうやって故郷へ帰すか問題。
船は壊れてしまった、では飛行機で?
傘なら飛べる!傘では飛べません。リアリストヴァイオレットちゃんの部分もちゃんと残ってますw
もう一度、最後に風の精霊の力を借りて傘で飛ぶ。

イメージを掴むためにヴァオレットに傘を持たせて歩かせる。
湖の落ち葉の上を歩いて・・・って本気じゃありませんが、了解しちゃうヴァイオレット!
京アニ作画の本気を見たわ~高い跳躍と水面を掠める一歩。本当に歩くんじゃないかと。
娘の言葉と姿がヴァイオレットと重なる。溜め込んでいたオスカーの感情も溢れましたね。こんなに綺麗なおじさんの涙は久しぶりだわ。
娘の成長を持って見ていたかったという父の思いがマジ泣けます。

三歩は歩いていたと思います!(確信)マジで?
戻ったオリーブの第一声は「お父さん」かな。
神様がいるとすれば君の事だろうとヴァイオレットに傘を渡したオスカー。
ヴァイオレットと過ごした事でオスカーは娘の死を受け入れ、乗り越えられたんでしょうね。

ドールの仕事を通して様々な人と出会い、人の感情を知ったヴァイオレット。
人の気持ちを理解出来るようになり、自分のして来た事の罪深さにも気付いてしまった。
前々回のギル兄の言葉が効いて来ましたね。ホッジンズの言われたとおり自分の中の(感情の)火に火傷しそうになってます。

エヴァーガーデン夫人とバッタリ再会。以前の不敬を謝罪するヴァイオレット。
成長したヴァイオレットを見て安心した夫人から出た事実。ついに少佐の事を知ってしまいました。

どうしても真実を告げられなかったと謝るホッジンズ。受け入れられないヴァイオレット。
ヴァイオレットが成長するまで引っ張ってここで明かすとはキツイなぁ。
明確に遺体が見つかっていない場合、生存の可能性も無くはないけど難しそう?

私はこの罪を背負って生きるしかない・・・
ヴァイオレットは少佐の死をどう乗り越えるんでしょうか?

http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-4135.html
スポンサーサイト