りゅうおうのおしごと! 第4話 「もう一人のあい」

第4話 「もう一人のあい」

もう1人のあい(天衣)ちゃん登場。夜叉神(やしゃじん)とはまたすごい名前ですw
ツンデレだけど子の子可愛いな~


将棋連盟会長の月光さんに呼び出された八一。盲目の永世名人@速水奨。これは食わせ物ですな(中の人的に)
月光から弟子を取ってくれないかと頼まれた八一。相手は小学4年生の女の子。
「小学生は好きだろ?」笑えません(プッ

会長の顔を立てるということで会い行った八一ですが、家デカっ!えっと堅気の方なの?
将棋の教えを請いたいという孫娘のために、師匠にするならプロかタイトルホルダーがいいと話を持って行ったようですね。

高飛車お嬢様な夜叉神天衣ちゃん。まずは実力を見るために指します。
定石を学んだ綺麗な将棋のようですが、八一もはっとするような才能があるようですね。
将棋のスタイルは違っても追い詰められてから諦めないところはあいと似ています。

将棋は両親に教えてもらったが、天衣の両親は既になく、1人で将棋盤に向っていたと。それでここまで強くなるんだからこの子も才能あるんですね。

桂香さんにあいの事を頼んでいたが、マンションに戻ると姉弟子があいをフルボッコにしてましたw
タイトル戦だったのに速攻で勝ってしまって(挑戦者を虐殺ってw)フラストレーション晴らすために八一と指しに来たらいなかった。
代わりにあいがサンドバッグにされたと・・・
姉弟子からあいが弱くなっていると言われ、天衣を弟子の取ろうと決めた八一。強くなるにはライバルが必要です。

弟子になる気はないと言い放った天衣ですが、八一とともに大阪新世界の将棋会館で実戦。
大阪のおじさん?おばさん?と勝負。ヒョウ柄すげぇwww
相手を騙すような手に翻弄される天衣。おじさんかおばさんか気になって将棋に集中出来ない天衣のお付きさん好きw
いくら強くても実戦経験の浅い天衣は敗北。素人とはいえ海千山千の経験者には敵わなかったか。

マンション戻るとロリっ子勢ぞろい。今日はJS研の日。
シャルちゃんが八一にしゃうでしにしてとおねだり。おお、ぐうかわ。八一絶対小学生好きだろw
しかし天衣の弟子入りの話もあるし、ここで小学生ハーレム作るわけにもいきません。
シャルを傷つけずに断る方法。随分と壮大な考えが纏まったようですが・・・
『師匠にはなれないけどお嫁さんにしてあげる』オイっ!自ら修羅場作ってどうするよwさすがクズ竜先生。
あいの嫉妬オーラマジ怖い。ヤンデレじゃないですかー

天衣の弟子入りの話は伏せたまま、平日はあいと過ごし週末は天衣と将棋会館に出掛ける生活。
絶対最初から言った方がいいと思うけど、ラノベ主人公だからしょうがない、のか?

八一が嘘を吐いている事はバレバレ。隠し事をするとズボンで両手をスリスリする。してますねぇ~
これは女よ!小学生怖い。でも外れてもないよな。
あいに気分転換させるために将棋会館に出掛けるJS研。こりゃ完全にフラグですわ。

いつも新世界ではなく会館で天衣と指す八一。
八一に弟子より上だと言われてちょっと嬉しそうな天衣。両親や将棋の話をしたくても出来なかったんでしょうね。
八一は夜叉神という名前と天衣から読み取る棋譜に覚えがあるようです。
アマチュア名人だった天衣の父親とどこかで指した事があるのかもしれませんね。

少し打ち解けて天衣に綺麗な指し方を手取り手取り(大事な事なので)教えていた八一。
はい、修羅場キター!
将棋会館に入って来た声を聞いて固まる八一。まぁロリを後ろから抱きしめているように見えますからね。
将棋より熱いかも。いや八一にとっては氷点下か。

両親の許しを得て正式に八一の弟子になったあいにライバル登場ですね。
同年代で同じ師匠に付いて学ぶ。切磋琢磨して成長するには良いライバルだと思います。
スポンサーサイト