魔法使いの嫁 第14話「Looks breed love.」

第14話「Looks breed love.」

チセのわがままはどこまでも優しいですね。

そうだ、チセが狐にされちゃったんだ!
好きなところに行ける。駆け出した狐チセ。獣化すると欲望に忠実になっちゃうのかな?

呼ばれているとあちら側を目指す。チセが望むなら着いていくと言うルツ。
追いかけて来たエリアスはチセがいなくなると寒くて寂しいと(律儀にエリアスも獣化してる)
寂しいという感情を知ったエピソードがここで効いて来ますね。

寒いのは嫌だと家に戻ったチセ。人を獣化する毛皮だそうです。
使うときは言ってね(使いたくない・・・)使う日が来るんだろうかw

眠ろうとしたチセの元に飛び込んできたのはお久しぶりのリャナンシー。
ジョエルが目を覚まさないとパニックのリャナンシーを見てチセはパジャマのまま家を飛び出す。

チセの影から出て来たエリアスはリャナンシーが憑いたからだと。
才能と引き換えに精気を吸う妖精。リャナンシーの力で人の命が短くなるのは妖精にとっては当たり前の事。
あちら側の理を淡々と告げるエリアスに人を愛する感情はまだまだ理解できないんでしょうね。
ジョエルのためにそばから離れようとするリャナンシーが健気過ぎる。そこにどんどん止めを刺していくエリアスにチセも少々苛立ってますね。

愛すれば命を奪う事になる。だからこそジョエルへの愛を否定し続けたリャナンシー。これだけでもう切ない。
チセに頼まれてジョエルに付き添っていたエリアス。久々の人間モード(胡散臭いw)
目を覚ましたジョエルに死神かと問われ、似たようなものだと答える。
残りの時間は1週間。痛みはないと告げる。エリアスそんな事までわかるんですねー

死は恐ろしい。しかしそれ以上に満足できる人生だったようです。
心残りは最後にひと目薔薇の庭で見た女性を見たいと・・・

妖精の塗り薬を作りたい。まぶたに塗れば見せない人手も妖精の姿が見える薬。
しかしそれを人が作ることは隣人達の逆鱗に触れる禁忌。しかしエリアスは初めてのわがままを許してくれた。
5日間不眠不休で魔力を維持しなきゃいけないの?ちょ、どんなデスマーチですか!確かにチセは片足突っ込んでるけど異世界転生は待って!

チセが妖精の塗り薬を作っている事は妖精王の耳にも届きましたね。
体力的にも魔力的にもボロボロのチセ。とうとう眠ってしまいました。しかしギリギリ薬は完成。
したいようにしていいとリャナンシーに薬を差し出すチセ。すぐに受け取らないのはリャナンシーの複雑な心境の現れでしょうね。

チセの薬で再会できた二人。目が合ってしまったから離れられなくなった。
強がるリャナンシーに向けたジョエルの「ごめんよ」がどこまでも優しいな。
ジョエルにとってリャナンシーは妻に先立たれてからの惰性のような人生に生きる希望を与えてくれた女性。
一瞬目が合っただけなのに、二人ともその一瞬で恋に堕ちてたんでしょうね。
命を貰って欲しい。自分はどこに行くかわからないが、いつか戻ってくる。
リャナンシーに愛された人は最期は消えてしまうんですか?
ジョエルがいつか戻ってくることを願って彼の家に留まる事を決めたリャナンシー。ご近所付き合いが続きそうで良かった。

家に戻ったらオベロンが待っていて残った薬を回収。
素直に差し出したチセが吐血っ!???
魔力を使い過ぎた反動か?やだ、また気にあるところで終わるんだからぁ。

灰の目は嫌がらせに来ただけなのか?
異種間同士の恋愛はほぼ悲恋になっちゃうんですよね。
見送る側の心の傷を少しでも軽くしたい。悔いを残させたくない、望みを叶えてあげたい。
チセの優しさの代償はかなり高くつくようです。でもそれを恐れて諦めるような子じゃない。
ジョエルの人生が満足できる最期でよかった。リャナンシーの涙が切なくて涙腺のヤバイ回でした。

http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-2711.html
スポンサーサイト