FC2ブログ

魔法使いの嫁 第9話「None so deaf as those who will not hear.」

第9話「None so deaf as those who will not hear.」

日常回なんだけど、エリアスがすごい事になってたでござる。


教会からルツを連れて戻って2週間。
新しい主と家に嬉しくってチセに飛びついちゃうルツ可愛い~

しかしエリアスは戻ってから食事も取らずにずっと部屋に引きこもったまま。
チセも心配してるんだけど一歩踏み込めずにいますね。力を使ったせいだろうと推測する新米妖精のルツ。
おこずかいを渡してチセを外に放り出すシルキー。気分転換させようとしてくれたんですね。ルツが付いてるから大丈夫かな。

ちょうど訪ねて来たアンジェリカとばったり。エリアスではなくチセの様子を見に来たんですね。
町でお買い物などを楽しむ。ルツにぬいぐるみ買ったのかしら?w

スレイベガの力の制御ももちろんですが、アンジェリカはチセに1人で立てるようになって欲しいんですね。
エリアスだけを見ている必要はない。もっと世界を見て知るべきという考えのようです。
学校へは行かないのか訊かれ、魔法の修行や家での仕事などを理由に考えていないと告げるチセ。置いてもらえるだけで十分?
それは依存ではないのか?思わず怒りを出してしまったチセ。
人は本心を突かれると弱い。チセ自身も薄々感じていたことをストレートに指摘されちゃいましたね。
甘えてばかりではいけないという気持ちと捨てられたくないという気持ちで揺らいでいるような感じです。

部屋から出て来ないエリアス。アンジェリカと話した事で部屋の扉を開けたチセ。
力を使ったせいで体が制御できない?あわわ、ちょ、これもう妖精レベル超えてません?
怖いかもしれないけどこのままで。朝になったら説明してくれますか?
どんな姿でもエリアスに変わりは無いんですが色々見ているせいか肝が据わってますね。

締め出されて部屋の前で待つルツ。と思ったら銀の君が手斧持って殺る気満々じゃないですか!w焦るワンコ可愛すぎかよ!

「あんたなんか産まなきゃ良かった」
呪いの言葉で目覚めたチセ。エリアスの姿はありません。
エリアスを探して駆け出すチセ。もちろんルツも付き添います。
教会にサイモンに尋ねる。ルツがお兄ちゃんモードでチセをガード。まぁサイモンが胡散臭いのは否定できないがw
知らな・・・答えを聞き終わる前に退散w チセがエリアスに侵食されていくw

薔薇の手入れをしている紳士に出会ったチセ。紳士・ジョエルさんの肩に乗っているセクシー妖精。
サキュバス系?血を吸う代わりに才能を与える妖精さんだそうです。それにしても布少ないな。

お茶に誘われたチセ。エリアス捜しはルツにお願いしてしばし休憩です。
執筆と薔薇の手入れが趣味のジョエル。彼の書いた短編は恋の話。チセはリャナン・シーが彼の血を吸って才能を与えていないと感じる。
ジョエルは与えられるほどの才能も欲も持っていなかったために寄り添うことしか出来ないみたい。

目が合った気がしたから。きっと人で言えばこれは恋なんでしょうね。
チセの後ろにリャナン・シーの姿を見たジョエル。また目が合った気がしたと今にも踊り出しそうな表情を浮かべる乙女な妖精。
しかしリャナン・シーにとっての愛の定義は奪い与える事。だからこれはチセが思っているようなものではない。
チセのエリアスへの思いにはまだ名前が付けらそうにありませんね。

ルツがエリアスを見つけた。
すぐに北の森に向ったチセ。池で体を回復させていました。夜には帰ると書置きした。
今までのチセならそれを鵜呑みにして待っていたと思います。エリアスは秘密も多いけど嘘を吐いた事もありませんよね。
心配して探し回って怒るのはエリアスの事をもっと知りたいという思いの裏返し。
チセがただ与えられるだけの女の子から少しずつ変わってきています。
でもチセのエリアスへの気持ちが依存か別のものなのか気付くにはもう少し時間がかかりそうですね。

リンデルからドラゴンの国へ再びご招待?またまた事件発生でしょうか。
いつも次を期待させるところで終わりますね~

エリアスの本体?かなりエグイ姿でした。よだれでハァハァはアカンて。
ルツ可愛いよ、ルツ!愛することに迷いが無い。チセを導いてくれるいいお兄ちゃんですね。

http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2764.html
http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-2650.html
スポンサーサイト