FC2ブログ

魔法使いの嫁 第3話「The balance distinguishes not between gold and lead.」

第3話「The balance distinguishes not between gold and lead.」

竜との出会いはチセに何を残すんだろうか。

チセをさらったのは魔法使いのリンデル。浪川だ!(胡散臭いwww)
竜の巣に連れて行かれたチセ。離してやれ。ペッってドラゴンさん雑w

湖に落ちそのまま沈んでいくチセ。エリアスの声に呼ばれて岸までたどり着きました。
目の前にいたのは苔生し、目も見えなくなった老ドラゴン。最期の時を待っているんですね。

影からマモってのか!リンデルに指摘されてチセの影からエリアス登場。ちょ、どこにいるのよん。
リンデルはエリアスの師匠のそうな存在なのかな?リンデルは人の目から竜を隠す竜の巣の管理者。
金髪イケメンですが、エリアスよりずっと年上の悪戯ジジイ。300年前からってそれもうお爺さんの域超えてるでしょ。

ずぶ濡れのチセは妖精乾燥機で瞬間乾燥。魔法、便利だ。3話まででチセは難解エリアスに姫抱っこされたんだろう(裏山

エリアスとリンデルはお仕事の話。チセはドラゴンの雛達のあそぼー攻撃を受けてますw
何して遊ぶ?あそこから飛び降りて滑空の練習!(無邪気)いや、人間は飛べません。肉体改造からツッコむチセのセンス好き。
せっかく乾いたのにまた濡れたり、ドラゴンをモフったり結構仲良く遊べて(?)ますね。

老ドラゴン・ネヴィンが気になるチセ。
もうすぐ還る・・・ドラゴンは死を迎えると木や草となり苗床となっていく。
その死は人のものとは違う。長い時を悔いなく生きた竜の死は悲しむものではない。
幼いドラゴンたちがネヴィンの死に憧れる姿からもそれはいつか迎える当然の事であり、大地に還り次の世代へ繋げていく事はドラゴンには自然なことなんですね。

生きるものが、死者を羨むものじゃない ・・・チセの記憶を読み取ったネヴィンはスレイベガの魔力を借りて、チセに最後の夢を見せる。
チセに記憶の中にある空を見せる(挿入歌はいいんだけどこのシーン溜め過ぎ感が・・・)
飛ぶように生きろとチセに言葉を残しネヴィンの夢は終了。

ネヴィンの体から大樹が生える。魔法使いの杖が必要になったら私の枝から作るといい。
大地とひとつになったからこそ言える台詞ですね。

ドラゴンの死を悲しむ必要は無い。それは摂理だから。
摂理というのは頭で理解できるけど割り切るのって難しい。でも通りすがりにちょっと優しくしてくれた人っていうチセの受け入れ方は闇深いなと思う。
めまいを起こして倒れてしまったチセ。スレイベガの強力な魔力は体に負担が掛かり過ぎてこのままではチセの寿命は後3年、だと!?

死を願うチセじゃ無くても穏やかに苦痛も無く死を迎える姿はちょっと羨ましいですね。
そこまで悔いなく生きてきたかというとまだまだですけどw

エリアスは力をコントロールする事を教えるよりもチセが生きたいと思うことを優先にしているのかしら。
見守り隊はいいけど、教える事はちゃんと教えておかないとヤバイ事態にチセが巻き込まれそうな気がします。
スポンサーサイト