プリンセス・プリンシパル 第11話「case23 Humble Double」

第11話「case23 Humble Double」

チェンジリングしたようでしてない?
革命の時に既にチェンジしてるんだが・・・混乱しますね。

突然告げられたプリンセス暗殺任務。
納得いかないドロシーに対し、淡々と命令を受けたアンジェ。

スパイなのだから任務を遂行して当たり前という態度のアンジェにスパイの前に人間だと返すドロシー。
黒蜥蜴星人は人間じゃない。うん、そういう強がりは切なくなるからやめれ。
ドロシーがシートドン!して嘘つきと。ドロシーにはバレバレです。

ドロシーは優しすぎてスパイに向いてないかも。ドロシーの気遣いに感謝するアンジェもやっぱりいい子ですね。
プリンセスの部屋に見知らぬ人物。警戒するアンジェにコントロールから派遣されたプリンセスの護衛だと自己紹介したゼルダ。
う~ん、胡散臭いw
ガレージに残ったドロシー、逃げて、超逃げて展開かしら?

今後チームは8人編成?
ドロシーは姿を消したままだし、ちせは急に転校。
アンジェに悩みがあるのかと尋ねたちせは人を良く見てますね。

プリンセスの周りはノル公の部下と共和国側のスパイで固められ連絡も難しい状態。
アンジェはセブンに接触するが、事態をひっくり返す術は無さそうです。
プリンセス暗殺は自分がやると言い出すアンジェ。まずはプリンセスを外に連れ出し始末する計画。

二人きりでお出掛けです。はしゃぐプリンセスの対し、周りを警戒するアンジェ。監視も隠れる気は無いよう。
子供の頃のように入れ替わって監視を巻く二人。

アンジェが二人で行きたいと言ったのはカサブランカ行きの飛行船。プリンセスをこのまま逃がすつもりなんだろう。
しかしプリンセスは女王になって壁を壊したい。アンジェ(シャーロット)の夢を叶えたいとアンジェを閉じ込め一人戻ってしまう。
プリンセスがアンジェに嫌いという場面は明らかに嘘ですね~

トップが替わり軍主導となって戦争を起こすつもりか。女王への反対勢力が出て来ちゃったりして一気にカオス状態です。
プリンセスを錦の御旗にするつもりかな。

プリンセスは自分と入れ替わったアンジェを演じてるんですね(衣装チェンジはいつしたんだろう?)
プリンセスはこのクーデターを知っていたのかしら?アンジェもこのまま閉じ込められて終わりな訳はないし、ドロシーの行方も気になる。
キナ臭い話の中心にいる「ちせの友人」は誰を指すのか最後まで気が抜けません。ノル公黒幕説も怪しくなって来たな~
解体されたチームが再集結という展開?

次回でちゃんと分かるように決着して欲しいなw
スポンサーサイト