プリンセス・プリンシパル 第2話「case1 Dancy Conspiracy」

第2話「case1 Dancy Conspiracy」

プリンセスがアンジェ達の仲間になる前のお話。
どこまでが本当でどこまでが嘘か。もうホント全部嘘かも~ってくらい翻弄されております。

編入生としてクイーンズ・メイフェア校に転校して来たアンジェ。ドジっ子キャラかっ!
眼鏡アンジェいいですねぇ。これだけでご飯3杯いけそうw
先に潜入していたドロシーと合流。二人はスパイ養成所からの知り合い。軽く衝撃なのはドロシーの年齢ですね(20歳で女子高生くらいまだイケルって)

スパイ組織・コントロールからの任務はプリンセスと入れ替わるチェンジリング作戦。
容姿端麗、成績優秀、性格も良いという鉄壁プリンセス。
校内でも常に衛兵が監視し、プリンセス自身もお付のベアトリス以外とは必要以上に親しくしないので近づけない。
で、外務卿主催の舞踏会に潜入してお近づきになろう作戦決行です。

パーティの潜入したのはいいがそこに新たな任務がっ!
共和国側の新造戦艦の設計図と引き換えに亡命を図るモーガンから隠し場所の鍵を奪えというもの。
普通二重任務などありえないらしいのですが、モーガンの取引相手であるノルマンディー公の到着まで30分。時間がありませんね。
ドロシーがハニトラ仕掛けようとしますが、褐色美人に阻まれて撤退(んー色々残念な子じゃのう)監視役の軍人なのね。

モーガンが断れない人物。この中では最高位のプリンセスか~
本来のチェンジリング作戦と同時進行で任務を遂行するアンジェ。
プリンセスに近づき「お友達になってください」やんわり断られてるぅぅぅ~
プリンスとの駆け引きにドキドキします。何とかお近づきになれたところでドジっ子発動。
プリンセスのドレスをわざと汚して連れ出しに成功です。汚れたドレスを何とかすると借り出してプリンセスに変装。
カツラ被ったらそっくりじゃん!チェンジリングはアンジェありきの作戦か~

プリンセスに変装してモーガンに近づく。まさかプリンセスからの誘いを断る事はできないでしょう。
じわじわとモーガンの心を揺さぶるアンジェのしたたかさがステキですわ。
モーガンを心変わりさせることに成功。

あ、ノルマンディー公が到着。
気分が悪いと帰ろうとするモーガンを撃っちゃったよ。仕事早すぎるでしょ。何食わぬ顔で襲撃だ!とか、この人怖い。
鍵を探すために会場を封鎖してボディチェック。今さら隠すわけにも行きません。アンジェピンチじゃん。
まさかここでプリンセスが取引を持ちかけてくるとは。何この食えない人。

女王になりたいの。そ、そんな野望が!?プリンセスの王位継承順位は第4位。かなり厳しい順位ですね。
自分に協力しなければここでアンジェたちの正体をばらす。
プリンセスに渡さなければ鍵は見つかってしまうし、要求を呑むにしてもどこまで信用していいか分からない。

さぁどうする、どうすると上がもめている状況ですが、アンジェとプリンセスは落ち着いたもの。
アンジェから情報漏えいの可能性ありと認められた場合、プリンセスを殺すと通信。これが決定打かな?
YESの鐘が鳴り、鍵を託されたプリンセスが退場。

何故アンジェがスパイだと分かったのか。
彼方が教えてくれたからよって・・・知り合いだったのか!?
もう騙されまくりです。しかもアンジェがシャーロットで、すでに入れ替わってたって事かぁ。
ただのスパイモノではないんですね。これはアンジェとシャーロットの野望か復讐の物語になりそう。
実際、コントロールもドロシーもベアトちゃんも騙してたみたいだし。
物語の始まりは10年前の革命?それ以前から何かあったのか。先が読めない分、騙されながら楽しみたいと思います。
スポンサーサイト