弱虫ペダル NEW GENERATION 第22話「ゼッケン1のプレッシャー」

第22話「ゼッケン1のプレッシャー」

何でみんな自己紹介しながら走るん?
え?なぞなぞ?
青八木さんが長くしゃべった!!

総北ピンチのはずなのに緊迫感がぁw

集団に飲まれて焦る坂道。
絶対前に行かせないマンに囲まれて動けない。

止まれ!総北小野田!
全力阻止される坂道。ロードって意地悪なスポーツなのかと誤解されるよね。

箱学をマークしつつ坂道を待つ総北。
下がって迎えに行くという鳴子を止める手嶋。初日の山岳賞などくれてやればいいという鏑木。
坂を制すとそのままゴールまで行かれちゃうわけね。人数が減ったら箱学の思う壺です。

最後尾まで下がってしまった坂道は周りに人がいなくなる最後尾を利用して一気に加速。
しかし山形最上の山のアシスト君に阻まれる。
くるぶし引っ掛けても食らいつく根性は認めるけど、モブだしなぁって感じ。

山に差し掛かり動く箱学。やだクライマー4人も投入ですか~選手層が厚いってやっぱ得よね。
ここでもう真波君出しちゃうの?

クライマーを欠いた総北はチームを今泉に託し、キャプテン手嶋自ら真波君を追いかける。
平凡な走りとバカにするアブ。こんなに性格悪かったっけ?後でしっぺ返しくらいそう。
プップッって笑ってるけど御堂筋とキャラ被ってるぞ、オイw
カチンと来ても手嶋さんが努力を怠ったところを見たことが無いと返す今泉の大人の対応。

山の不思議ちゃん・真波くんは山を楽しんできますと超余裕。
前年のインハイで坂道とゴール争いをし、それから1年でさらに強くなってるんでしょうね。
ギャラリーの女の子にサービスするまでが山の神なのか?w

初日の山は天才と凡人の戦いになるのでしょうか。
置いてけぼりの坂道にチャンスは来るのかな?

疲れたスプリンターと言われて「青八木先輩?」と素で答える鏑木にワロタ。ムッとする青八木が可愛いです。
イキリくんは自分がオールラウンダーじゃないと気付くんだろうかw
スポンサーサイト