弱虫ペダル NEW GENERATION 第10話「杉元兄弟の絆」

第10話「杉元兄弟の絆」

調子こくとやられるよ~


ワゴンで追走するインハイ確定メンバー。
想像よりバラけたレースに誰かが飛び出したと予想。
社会人もいる強豪チームで走っていた経験者の鏑木と段竹だろう。手嶋の予想は的中。

しかし二人に食らい付いていたのは今年のインハイ6人目を狙う杉元。
今泉に頭を下げてまで練習してきた甲斐があり、二人を抜き去った!
あれ?抜かれたのに追いかけないの?わざと追いかけない。完全に格下だと舐めて掛かって足を温存。
そんなに離されていない、すぐに追いつくと思って舐めプしてたらいないじゃん!

さすがにこれはマズイと軌道修正。緊張という枷が取れた段竹も本来の実力を出して鏑木を引っ張ります。
自転車に乗ると性格が変わるタイプ?箱学向きじゃねーかw

チームSSの意味が何とか言っている内にあっという間に追いつかれてしまった杉元。
折れそうな背中を今泉が押し、それに応えるように踏ん張る。
しかし無常にもワゴンはトップを追いかけてしまう。待ってくれ!足を止めてしまったぞ。
インハイメンバーの選抜も兼ねている(だから合宿にゃねーの?)のでトップの走りを見なければならない。

杉元を引き離した鏑木と段竹は追ってこない事を確認。ワゴンまで後退して坂道に今年のインハイ目標はなんですかー?と余裕かまし過ぎ。
個人優勝より全力を出して走りきり、総北の誰かが優勝してくれればいい。それを巻ちゃんに報告したいとは。相変わらず巻ちゃん先輩大好きっ子だな。

個人よりもチーム。杉元も心を繋いでいく総北スピリットを受け継ぎし者。手嶋は杉元を諦めたわけじゃなかった。
来た!まぁ来るよね~しかも弟と一緒だよん。

止まってしまった杉本に1人で追いついてきたのは定時。それまで完全に止まってたのかよ、兄ちゃん・・・
面倒見のいい今泉。杉元に肩入れしちゃう鳴子。実は仲良しだなお前らw
可愛い弟が一緒に走りたいと言ってるんだ、ここで男を見せずどこで見せる!トップに追いついたよ!
レースは鏑木&段竹と杉元兄弟対決。ここで寸止めかよぉぉぉ~

鏑木は余裕見せ過ぎて追いつかれるし、杉元はワゴンに置いていかれて止まっちゃうしどっちもメンタル鍛え直す必要がありそう。
杉元が頑張ってますねー兄弟シンクロも様になって来ているようだし定時が地味にすごくないか?

ゴール直前で4人が並びましたがこのまま鏑木と段竹がワンツー決めちゃ面白くないよな。
杉元の優勝も想像できない。誰がトップでゴールを割るのか。インハイのラス枠は誰が取るんでしょうね。
スポンサーサイト