弱虫ペダル NEW GENERATION 第9話「新生総北、始動!」

第9話「新生総北、始動!」

久しぶりのママチャリ、激坂での小野田くんヒ~メヒメっ!w
オタ坂道懐かしいなぁw


一気に時間は流れて坂道たちは進級&新入生を迎える季節。
部活引退で盛り上げ過ぎて卒業式とか総スルーですよ。

杉元弟も無事に合格。夢は大きく兄弟でインハイを目指す。
なんか生意気そうなの入って来るのか~インハイ初出場にして個人優勝を成し遂げた坂道。
注目している割に顔知らないのかよ。
放課後ティータイム先輩たちは誰もいない部室で気合を入れてます。

2年では今泉と同じクラスになったのね。
校舎にはインハイ優勝の大弾幕。写真撮ろうよ。寒咲さん、1話で自転車の説明して以来の登場だっけ?
超キョドって断る小野田君。今泉に滅多にないことだから撮っておけと言われて納得。何で頬染めるのよw

坂道と同じクラスにしてくれと先生に頼み込んでいたのに隣のクラスだった鳴子。スーパーサイヤ人かよ~
あれだけ暗い顔して大阪から戻って来たのにいつもの鳴子じゃん。
春までどうしていたのかはいつもの回想で明らかになるのかな?
杉元(兄)変わりましたね。チームメイトの活躍を見て自分も強くなりたいと今泉に頭を下げたのか。

さすが王者です。新入部員いっぱいだー
3週間は上級生と1年は別メニュー。で、あっという間に3週間が経過。
懐かしいウェルカムレースです。

先輩のありがとうと言えても恩は返せない。先輩から貰ったものを後輩に返す。そうやって心を繋いでいくと鳴子にアドバイスされていた坂道。
田所イズムをしっかり受け継いでるな~
鳴子の言葉を受け後輩とコミュニケーションを取ろうと頑張る坂道。
しかし重度のコミュ障なので気負い過ぎて空回り。後輩にごみ野郎ってw

坂道にスターターを任せる手嶋。さすがフォロー先輩w
凄い先輩に声を掛けられ1年生のテンションも上がりレーススタート。
去年の3位は返上。1年生レースに出場する杉元。初心に返るというよりリスタートなんだな。

1年も癖のあるヤツ多いんだな~
市街地を抜けるまでは追い越し禁止を守らないわ、信号もギリギリで通り抜けて後続を振り切ろうとする1年。
どんな事があってもルールを守る男杉元は1年の誘いをお断り。杉元カッコええやん。こういうズルイ奴はレギュラーになれないの法則。

市街地を抜けて飛び出したのは手嶋も注目する鏑木と段竹が飛び出す。
1年生レースで1,2フィニッシュ決めたらインハイレギュラー確約?手嶋とそんな約束したん?枠は残り1人だから誰か落とすって事かい。
レギュラーは地獄の合宿で決めるんじゃなかったか?すごい自信家みたいだけど思い通りに行くのかな~

新入生回かと思いきや実は杉元回になりそう。
相変わらずウザイのは変わらないけど、変わろうとする杉元には頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト