文豪ストレイドッグス 第24話(終)「若し今日この荷物を降ろして善いのなら」

第24話(終)「若し今日この荷物を降ろして善いのなら」

フィッツジェラルドとの最終決戦。
全財産を投じて強化したフィッツジェラルドに二人は勝てるのか?

君の苦悩は君だけのものじゃない。
なりたいものと向いているものが違うとき、人はどうすればいい、生き方の正解が知りたくて誰もが戦ってる
答えは誰も教えてくれない。
残り3分を切ってますが、太宰はまだ鏡花ちゃんの説得中(台詞がかなり臭いです)

生き方の正解を求めて?敦も芥川の死闘が繰り広げられてます。
基本殴り合い。ドラ○ンボールかとw
フィッツジェラルドの攻撃を受け船外へ飛ばされる敦。主人公が白目を剥いて飛んで行きますよ~
攻撃すると思いきや、敦を助けるために羅生門を使う芥川。

意識を取り戻した敦は芥川のフォローで戦線に復帰。初めての共同作業?w
苦しめる過去の言葉と貴様は本質的に無関係だから
芥川の言葉に過去の重荷を降ろしても良いのではないかと思い始めた敦の渾身の一撃。

人虎と羅生門の合体技でフィッツジェラルドを叩きのめす。力を使い切った二人。
まだ立ってる!これ以上は無理。と思ったら向こうも相当なダメージ。何故これで勝ったと思える?
妻への愛を口にしてモビーディックから墜落。こりゃワンチャン復活ありそう。

制御端末を追いかけようとする敦を止めた芥川。攻撃の隙に端末を奪ってました。意外にちゃっかりしてますw
モビーディックは無事に浮上。ホッとして二人がギャグかましてたら再び下降し出した!?
何者かが外部からコントロールを奪い、白鯨は制御不能。このままでは街に墜落してしまう。

まだ手はあると鏡花ちゃんから通信。鏡花ちゃんが捕らえられている無人機をぶつけて強制的に落下させるというもの。
命を犠牲に街を救えば入社試験に合格できる。これで晴れて探偵社の一員。
しかし鏡花ちゃんは虜囚の身。鎖に繋がれ脱出口までたどり着けない。

街は救われたが鏡花ちゃんが犠牲になる理由などどこにもない。
しかしそうしなければならない理由があったと語る太宰。

社長の異能力は探偵社の社員にしか発動しない。
墜落の直前、入社試験に合格した鏡花ちゃんは社長の異能力で無事でした。めでたしめでたし。
え?合否判定って社長がするんじゃないの?判断基準がイマイチわからん。

強くなったね。
大好きな太宰に褒められ触れられ芥川昇天www

広げた風呂敷を畳むBパート。
異能特務課は墜落したモビーディックの後始末。面倒な仕事は安吾かw
白鯨じいさんに協力を仰ぐ安吾。2代前のギルドのボスだったのか!どうしてこうなった?

ボスを失ったギルドは内部抗争勃発で日本を狙っている場合じゃなさそう。
若草物語はフィッツジェラルドを捜すつもりらしい。スタインベックはギルドを立て直すと決意。
ラヴクラフトは「寝る」と言い残して海へ・・・ってマジ何もんだよ~

探偵社は社員となった鏡花ちゃんの歓迎会。
クドクドお小言を捲くし立てる国木田。一言言いたいだけなのに不器用ですねw
乱歩さんはポオを呼び出して放置プレイwギルド抜けたのかな?

ポートマフィアも祝杯。
紅葉は太宰に鏡花ちゃんを託したんですね。いい女ですわ~

太宰は敦が白鯨に向かう情報をわざと漏らし、芥川と出会うように仕向けた。
ギルド戦は終了しましたが新たな敵が現れるようです。

太宰ですら魔人と認識する厄災、フョードル・ドストエフスキー。
キャスト伏せてるけどバレバレじゃんwww

太宰は敦と芥川で新たな敵に対抗する新双黒(違う?)を作り上げるつもりのようですね。
すべては太宰のシナリオ通りか・・・
そこまでして太宰が街を救おうとした理由。織田作かっ!ここで効いて来るのね。

鏡花ちゃんの入社試験がハード過ぎます。社長の異能力もなんだかな~普通に戦ってる方が格好良いよな。
太宰が先の先まで読み過ぎてて怖いわ。もうこの人一人で十分じゃないかしら?w
この感じだと3期もありそう?あまり期待してませんがあったら見ちゃうんだろうな。

スポンサーサイト