夏目友人帳 伍 第5話「結んではいけない」

第5話「結んではいけない」

多軌!かわいい~
久しぶりに夏目パンチも炸裂しましたねw

地学教室の黒板に落書きを見つけた夏目。
しかし西村には黒板の落書きは見えず、廊下には妖の気配?

その事を多軌に話すと、多軌の家にも妖がやって来たと。
お祖父さんが残した陣を使って妖を確認。
最初は怖がっていた多軌でしたが、助けて欲しいと言う言葉に顔を上げる。

お祖父さんが施したお札や結界のせいで外に出られなくなってしまった。
地図を描き妖は出られた証に花の枝を置いて行った。
自分が妖怪の役に立つ事ができたと喜ぶ多軌。ええ子やなぁ~

しかし引っ掛かるのは禁術の話ですね。見えない人に見せるというのも禁術。
多軌から新しい妖の匂いがすると言うニャンコ先生。近くにまだいるのかと心配になり様子を見に行く。

レイコさんに化けたニャンコ先生久しぶり!相変わらず美人だな~
しかし汁粉食い過ぎだろ!中身はやっぱりニャンコ先生なのねw

家の中で妖の気配を感じる。捕らえたのはネズミ?じゃなくてウサギ?
斑が小さいウサギ妖怪に撃加えられたんですけど~パワーバランスどうなってんの?w

仲間と二人旅の途中で多軌の家に入り込みはぐれてしまったのだとか。
多軌に助けを求めていたのはこちらの方でした。

家を覗く毛むくじゃらの妖怪を発見。多軌が地図を渡したのはこちらの妖。
住み着いていた木が切り倒され、対になる木がある南に向かう途中で多軌の家から出られなくなってしまった。
人のせいで住処を追われてしまったんですね。
多軌に礼をする機会を伺っていたとかで、迷子のウサギちゃん探しに協力してくれる事に。

捜索中に指を怪我してしまった多軌を心配するウサギちゃんのツンデレっぷりが可愛いですね。
夏目と一緒だと結界を破れるの!?

モサモサ妖怪が結界で隠されていた扉を発見。
中には相棒のウサギちゃんが閉じ込められていました。無事に見つかって良かった。
しかしどうやって入ったんだ?

人のことは嫌いではなくなったが、もう人に家には近づかない。まぁ多軌の家が特殊だったんでしょうがその方が互いのためでしょうね。
多軌には別れを告げず去ろうとするモサモサ。
結んではいけないというのは人と妖との縁の事なんですね。

去り際の妖気に中てられて気を失ってしまった夏目にだけ微かに聞こえるありがとうとさよなら。
モサモサ妖怪が読めても絶対に黙っていろと強く告げた黒板の落書きには多軌への想いが綴られていました。

サブタイとモサモサの行動から怖いエピソードかと思いましたが、胸キュンじゃねーか!
誰かを好きになる気持ちって人も妖も変わらないんだな。
モサモサもウサギちゃんもいい妖怪で良かった。
スポンサーサイト