夏目友人帳 伍 第4話「連鎖の陰」

第4話「連鎖の陰」

断り切れず祓い屋の会合に参加する夏目。
的場のやり口は相変わらず嫌らしいよなぁ~

政治家とも繋がりのある的場家。
的場の別邸がとにかくデカイ!いくつかある別邸も元は廃業した祓い屋の持ち物だったとか。

見える者が生まれなかった家は廃れるが、祓った妖たちの恨みは消えない。
妖に怯えながら生きていく者たちをためを守るために一門を大きくして来たという経緯もあるらしい。
あるらしいんだが、どうも今はそう見えないんですよね。

声を掛けて来た女性に違和感を覚えた夏目。
人を操る面の妖怪に取り憑かれていたところを夏目に見破られる。
しかしそれは親が放った子のようなもので、親を祓わねば被害は増えるだけ。今回だけだと念を押して的場に協力する。

的場の式に変装して会合に出席。
的場の号令でかなりの数の人と妖が集まりましたが、モブ祓い屋の品が無さ過ぎて草も生えんわ。
ただ集めればいいってもんじゃないんだな。

奇妙な音と気配を感じた夏目が外を見ると上の階の窓からタバコをふかしている祓い屋と目が合う。
あ~ツボの妖を祓っていた未熟者と一緒にいたヤツじゃん。こりゃ完全に黒ですわ。

的場に護符を書いてもらった夏目は手当たり次第に人々を触って回るが効率が悪過ぎるw

凶面を探している最中に的場が眼帯をしている理由を聞いてしまう。
先祖からの因縁ですか。右目を食わせる約束で妖と契約したのに反故にしたと。それ以来的場の当主は右目を隠しているようです。
昔から使えるものは利用して当たり前って考え方の一族なんだな。

またもや怪しい気配を感じた夏目。
子を放つ凶面本体を見つけたようです。取り憑かれていたのはやはりヒゲの祓い屋。
逃げる本体を捕まえたニャンコ先生改め斑。危機感ゼロの祓い屋って役に立つの?ってくらいバカばっかじゃん。
結局最後は的場が凶面を祓っていいとこ総取りしていきやがりましたよ。

本体に取り憑かれていた祓い屋も当分は目を覚まさないだろうが無事らしい。
的場の力を削ぐために自ら面を憑かせたようです。ホント祓い屋界隈もなかなか面倒ですな。

一門に入れば守ってやれる。こんだけ利用してまだ言うかって感じですね。
今の夏目には到底受けいれられません。

的場の手紙を読んでいた名取は式を憑かせて夏目を見守っていたようです。何気に助けていたような。
何このイケメン!マジきらめいてますわw

力の強い妖をそばに置いておくと自身も強い力を保っていられるとか。
夏目の力もニャンコ先生の影響があるのかしら。

おかしな気配が・・・って展開を何度もやっちゃうのは少々手抜き感がありましたね。
協力して欲しいと言いながらほとんど夏目にやらせてた的場。

的場って力はあるのに人望はイマイチ。
夏目と的場では周りに集まる人間(妖含め)の質が違いますね。

スポンサーサイト