Re:ゼロから始める異世界生活 第15話「狂気の外側」

第15話「狂気の外側」

屋敷にたどり着いたスバルが目にしたのは残酷な結末。
今までの絶望もグロさも比較にならないほど凄惨でした。


村の子供たちも屋敷の人々もすべて惨殺されていた。幼女の目をくり抜くとかどこの蛮族だよ!
隠し扉を見つけたスバルはエミリアを捜して中へ。

奥の扉を開けようとノブに触ったら指が取れたっ!?
周りには凍りついた魔女教徒の遺体。一瞬で凍らせるトラップ発動かよ。
「もう、遅すぎたんだよ・・・」パック?

スバル君、1回目のリセット終了。セーブポイントはリンガ屋の親父の前。
レムにすがりつくスバルですが、完全に精神持って行かれてました。

体の傷なら治せるが、マナへの干渉も無い。心を病んでしまってはフェリスもお手上げ。
スバルを連れて屋敷に戻ると言うレムを見送るクルシュとフェリス。

主従でも男女のそれとも違うレムのスバルへの献身を疑問に思ったクルシュ。
スバル君が特別だからでしょうか。
これだけ思われてるのに届かないとは切ない!果報者とはよく言ったものです。

スバルを連れて屋敷を目指す。
クルシュ様のところでスバル君を独り占めできて幸せに思ったと本音を漏らすレム。
それでもスバルとエミリアの口論に心を痛めるレムはマジで鬼掛かった天使じゃん!

ラムの異変を感じ取ったレム。
地竜の首がががっ!魔女教の襲撃。ラムから角を奪い、レムの生きる理由を奪った魔女教。
そして今、魔女教の手がスバルに伸びる。ラム激おこです。でもその怒りが何とも切ないのよね。

魔女教に連れ去られたスバル。レムの死に行く理由さえも奪う魔女教。

魔女教・怠惰担当のペテルギウス、ヤバ過ぎでしょ。
汚い松岡の演技スゲェな~

スバルから漂う魔女の香りが不思議で仕方ない様子。スバルの狂気も演技にしか見えないらしい。
それよりも松岡君がぶっ飛びすぎて話が頭に入って来ないよぉw
(愛とか怠惰しか言ってないけどw)

満身創痍ですがレムは無事でした。
スバルを助けに来たレムを見て歓喜するペテルギウス。変態松岡強いんだな。
反撃空しく倒されるレム。最期の時までスバルに向ける視線が優しい。
吊り下げられ、体中をねじられるレムを見てスバル覚醒。

ペテルギウスに怒りと殺意をぶつけるスバルですが、鎖に繋がれなす術なし。
魔女の庇護下にあるスバルに手を掛ける事はできないのか、ペテルギウスはスバルを放置。

鬼の生命力凄い。最期の最期の力を振り絞ってスバルの枷を解き、生きてと告げて事切れたレム。

レムを抱いて屋敷に向かうスバル。前回同様村は襲撃され、遺体が焼かれた後も。
屋敷に着いたスバルはラムを見つけたが、結果は変わらなかった。

スバルの前に現れたのは巨大なネコ?あれパックちゃうん?
「眠れ、我が娘とともに・・・」
マミったぁぁぁ!何コレ、意味不明のバッドエンドじゃないですか、ヤダー!
(EDが無駄に映画っぽいし)

1話で2度もリスタート。
魔女匂いが濃くなり不安がるレムの手を取り安心させる。いつものスバルにもどっかかのように見えましたが、目は怒りに満ちていた。

グロいです。容赦ないです。情報を得るにもセーブポイントから惨劇まであまり時間はありませんね。
ここまで叩きのめされたスバルはどう反撃していくのでしょうか。
スポンサーサイト