Re:ゼロから始める異世界生活 第9話「勇気の意味」

第9話「勇気の意味」

死に戻りを繰り返し解決の糸口にたどり着いたスバル。
呪いを掛けた呪術師の正体は意外なヤツだった。

村人の中に呪術師がいると確信したスバルはラム、レムと共に村へ。
仲良くなるにはラジオ体操w村人全員に触れ、これで術式を施されたはず。

おさげの子に声を掛けられて村の奥へ行くとスバルの大好きなモフモフがいた!
スバルに対してだけ威嚇する子犬。隙を見てモフモフしてたら噛まれちゃいました。これも前にありましたね。

荷物を持って屋敷に戻るとロズワールが外出。これは今までにはなかった。村へ行って全員と触れ合ったことで展開が変わりました。
ロズワール飛べるんだw

お待ちかねのベア子タイム!
ちょっと俺が呪われてると思うんだけど、確かめてくんない×2(大事なことなの

たかが半日で影響され過ぎ?呪いの気配を感じたベア子。発動すれば確実に死に至る呪い。
しかしベアトリスにスバルを助ける義理はない。パックが悲しむとが半ば強引にこじつけて術式を解除してもらう。

呪術師が触れた場所から黒いもやが立つ。
村人の誰かが呪術師かと思っていたが、呪いを掛けたのは子犬?

誰彼構わず呪いを掛けていたとしたら子供たちが危険だ!
村に戻ると言い出すスバル。ラムは屋敷の守りを、レムがスバルに同行することに。
精霊の加護を与えて見送るエミリアも切ないですね。

村に戻ると子供たちがいないと騒ぎになっていた。
心当たりは子犬を見つけた場所。一箇所結界にほころびがありました。
子供たちが柵の外から連れ込むことで解除できたのかな?

子供たちのやりたい事、夢を聞いていたスバルにとってほんの少しのふれあいでも助ける理由としては十分。
本当は怖くて震えているのに・・・男前かっ!
レムも警戒態勢。護身用です(大事なことなので

子供たちを見つけたが、やはり呪いで衰弱していました。
治癒魔法を施すレム。もう一人連れて行かれた・・・おさげの子がいないことに気づいた。
危険だと止めるレムですが、レムなら魔女の臭いを追って見つけてくれる。
どこまで知っているのか?すべてが終わったら話そうと約束して先へ進む。

子供を見つけたスバルの前に魔獣が姿を現す。魔獣パワーアップし過ぎです!ドーベルマン級じゃないですか!
何とか一匹倒したが仲間の魔獣に囲まれてしまう。スバル、完全アウェイです。

レムが駆けつけ魔獣を散らしてくれます。めちゃめちゃつおいぉ。
しかし多勢に無勢。ここは村まで逃げる方が得策と判断。

十円ハゲが魔獣を操っているようですね。子犬倒せばいいのにってのは無理な話なのかな。
魔獣との戦いで傷つきながらもスバルを突き飛ばして助けたレムが弾き飛ばされてしまう。

レム覚醒!?
なんか生えた!角ですよね。レムは鬼っ娘なのか?
リミッター解除したレムりん強えぇぇ!しかし精神的にもヤバイ感じです。

死角から襲って来た魔獣からレムを庇ったスバル。正気を取り戻したレムが駆け寄るが、スバルは虫の息?
リスタートとなるのか起死回生の一手があるのか思わせぶりなところで続くのかいっ!

ここまで来たら死に戻りはないと思いたい。
バルスだったのスバルくん呼びになってるレムが可愛いです。双子は鬼の一族とかそういう感じなんでしょうか。
子犬が呪術師なのか、魔獣を操る呪術師がいるのか気になりますね。

スポンサーサイト