ジョーカー・ゲーム 第4話「魔都」

第4話「魔都」

今回の舞台は上海。尾行に失敗した宮田伍長が何者かに殺害される。
街の人の不自然な笑顔が怖いわ~

及川大尉に呼び出された本間軍曹。宮田は敵の内通者を追っていて殺された・・・
本間は宮田の後を引き継いで憲兵隊内部にいる敵の内通者の調査を命じられる。

宮田の報告書を確認しようとした矢先に鳴り響く爆音。
爆破されたのは及川の自宅だった。被害者は通いの家政婦のばあさんといつも家の前にいる物乞いと近所の子供。後は分からない。
所轄のジェームスは捜査するナッシング~

上海では抗日テロが激しくなり、及川自身も狙われている可能性も出て来た?

爆破現場で本間に手を振る男・塩塚。左翼雑誌所持で本間に捕まったことがある人物。
いかにも胡散臭い感じですが、抗日運動に参加している日本活動家がいると情報を持って来た。

大学の同期で草薙という男。大学時代の集合写真まで用意してどこまで信用していいか分かりませんね。

街中で本間にぶつかった男は捜していた草薙。偶然?いやいやわざとだろ~
分かりやすい釣り針に見事に引っ掛かった本間は草薙を尾行。
いつの間にか宮田が殺害された現場に誘導されてます。彼も宮田と同じ運命を辿るのか?それじゃ単純過ぎますね。

子供が鳴らす爆竹でちょいと緊張感出してみたりしましたがトラップ回避(そもそもトラップ無かったけどw)
ダンスホールに入って行った草薙はさらに奥のカーテンの中へと消える。これは完全に誘ってますわ。

ボディガードに止められる本間ですが、いつの間にかポケットの中に入っていたコインを見せ潜入成功。
そこで彼が見たものは・・・?

本間軍曹の推理タイムです。
今回の事件は及川大尉の自作自演。及川の自宅が爆発したのは日本企業が入ったビルが迫撃砲を撃ち込まれた翌日。
テロの可能性があるのに一撃目で迷わず窓に近づいたのは2発目が来ないと知っていたから。

真面目な及川は上海の毒気に耐え切れなくなって壊れちゃったとな?
快楽主義者になってしまったようです。及川は押収したアヘンを横流し。
アヘンの数が合わないことに気づいた宮田はテロリストではなくアヘンの流れを追っていて殺されたんですね。

すべては自分の罪を隠蔽するために及川が仕組んだ事だった。
しかし証拠が無い。本間の口を封じれば事件は闇の中。銃を突きつけられる本間ですが、自分が死んだら真相を記した手紙が陸軍省に届く。

事件が公になれば好くて更迭、悪ければ軍法裁判。
開き直った及川は本性を見せる。
人はどんな罪を犯しても、どんな恥辱の中でも生きていける。
更迭も軍法裁判も他人の命も宴が続けられればどうでもいいそうです。いいゲス顔しやがるぜ~
上海で一番安いのは人の命なんだという事を!で、及川自身もお安く殺されちゃいました。

及川が知らんと言い切った遺体は吉野上等兵の恋人。上官を撃った吉野は自害。
いやな事件だったね・・・憲兵隊ホモばっかじゃん(泣

塩塚と草薙は同一人物。D機関の福本の変装。
及川はアヘンだけでなく情報も流していたんですね。D機関(スパイ)にとって一番重要なのは情報。
アヘンだけなら見逃されたかもしれないのにね。
本間を上手く誘導して及川の罪を公にしたという事ですね。

相変わらず見分けがつきにくいキヤラデザでED見るまで誰の当番回か分からなかったわw

http://blogs.yahoo.co.jp/yurevy117mobius/14461816.html
スポンサーサイト