ジョーカー・ゲーム 第2話「ジョーカー・ゲーム(後編)」

第2話「ジョーカー・ゲーム(後編)」

ハラキリショー!!

憲兵に成りすましスパイ容疑の掛かったゴードン邸の家宅捜査を行ったD機関メンバー。
捜索は2回目。本物の憲兵によってすでに屋敷は調べ上げられ何も出て来なかった。
ゴードンの余裕はここから来てたんですね。

三好の余計な一言のせいで腹を切ることになってしまった佐久間。
窮地に立った佐久間が思い出したのは結城中佐の言葉。
殺しも死もスパイにとっては最悪の選択。見落としは無いのか?憲兵が絶対に手を出さない場所。
佐久間は陸軍の暗号を写したマイクロフィルムの在り処に気づいた!
御真影の裏に隠されていたんですね。

佐久間は武藤大佐に証拠を見つけたことを報告。
しかし証拠は持ち帰らずゴードンも逮捕しなかった。激怒する武藤大佐ですが、逆に暗号を変えればいいと進言。
使えない暗号で敵を混乱させた方がいいという判断ですか。

そして今回の任務の裏事情。
最初の捜索で証拠を見つけられなかった武藤大佐。任務の失敗を隠すためにD機関を使って失敗を失敗で上書きするつもりだったようです。
佐久間が何故ここまで気付いたのワカラン。

佐久間の疑問は何故結城中佐が武藤大佐の動きを知り得たかという事。
大佐は料亭でしこたま飲んで芸者相手に任務のことをベラベラしゃべるうっかりさんかよ!
それを素性を隠して常連客ととして訪れていた結城大佐に聞かれてしまったと。

ゴードンを二重スパイに仕立て上げ、武藤大佐に貸しを作った結城中佐。
杖といつもしている右手の手袋は本当に負傷し義手となった左手を隠すためのフェイク。
そこまで気付いた佐久間をD機関に誘う中佐ですが、佐久間は自分はあくまでも軍人だと誘いを断ります。
しかしこの先もD機関と関わっていくことになるんでしょうね。

話が面白いかと言われると微妙でしたね。
武藤大佐がお間抜け過ぎて中佐の切れ者っぷりがイマイチ伝わらなかった。
007やミッションインポッシブルみたいな派手なアクションは無く、スパイなんて実は地味なお仕事。こういう切り口も悪くは無いですけどね。
スポンサーサイト