うたわれるもの 偽りの仮面 第24話「覇者たるもの」

第24話「覇者たるもの」

ヴライ、やっぱり脳筋・・・
オシュトルも乗っちゃうんだ。

ヴライはミカドの意思を継いで自分が皇帝になるとか言い出しちゃってます。
しかも力のによる支配。一番やっちゃいけないパターンです。

結局仮面の力を使ってオシュトル、ヴライは直接対決。
は?端っことはいえまだ帝都の中よね?ミカドと国と民を守るのが八柱将の仕事じゃないんでしょうか?

テンポの悪い怪獣大戦争に突入。
その頃偽ルルーシュ・ライコウは残った方を仕留めればいいほくそ笑む。
ミカヅチにも動くなと指示して高みの見物。
帝という楔を失ってヤマトには崩壊の道しかないように見えます。

武人の矜持で街はぼろぼろじゃないっすか~
民あっての国って事が完全に後回しにされてます。

オシュトルが戦ったいる隙に離脱すると言うハクに「兄様がー兄様がー」とでもでも、だってなネコネ。
兄様大好きなのは分かるけど、マジで足手まといなんだがな。

ネコネの気持ちを受け入れて残ることを決めたハク。優しさも大概にしとけって感じです。
オシュトルのために出来ることはないのかと考えるハク。

奥の手があった!ウルサラは鎖の巫。封印出来るんかいっ!最初からやれよ・・・
二人はヴライの仮面の力を封印。戦いは収束し、力を解いたオシュトルに駆け寄るネコネ。
これで終わった・・・とおもーだろ?

ヴライしつこい~人の形に戻っても執念だけで立ち上がって来たわ!
立ちすくむネコネを助けたのはハク!?ヴライの炎に包まれたのに耐えてます。強化人間だからかな?

満身創痍のオシュトルですが、親友と妹のために再び剣を取りヴライに止めを刺す。
これでやっと終結。帝都広すぎ~意外に離れたところで戦ってんですね(尺がおかしいぞ)

やっと一息つけたハクたち。後はエンナカムイに向かい、アンジュたちと合流するだけ。
エンナカムイについたらゆっくりしようと話すハクとオシュトル。
オシュトルの治療をするネコネ。兄様が消えかけてる?
仮面だけが残っていましたがヴライはすでに消えてしまったんでしょうか?
力を使い過ぎた代償かな。ハクがオシュトルの意思を継ぐことになるんでしょうか。

アクルトゥルカ同士の戦いは盛り上がるところのはずなのにイマイチでした。
いきなりチート戦闘やられてもついて行けない感じかな。
ハクが仮面の力に抗えた理由の方が気になりますね。
スポンサーサイト