FC2ブログ

ルルーシュ 22話

何も解決してないしルル側に偏った展開に『ホントに25話で終わるんかい?』と危惧していたら続編制作決定だとか。
そりゃそうでしょ。最初からそのつもりだったんでしょ。と言わずにいられまい。


『血染めのユフィ』


・・・・・・辛い、辛すぎます。


行政特区「日本」を発案したユフィ。
ゼロの正体を知るユフィはゼロと共に手を取ることを望んでいた。

特区に賛同したイレヴンは続々と富士へ集まり記念式典が行われる。
そんな中、ユフィと対峙するために現れたルルーシュ。

ゼロはユフィに自分を撃たせ、彼女を地に落とし自分が奇跡の復活を遂げ、より強いカリスマ性を見せるというシナリオを組んでいた。
二人きりで話したいというゼロに真っ直ぐに向き合うユフィ。
しかし彼女の思いを知り和解し掛けた時、饒舌になったルルの一言が取り返しの付かない事態を招いてしまう・・・

以下ネタバレしてます。
自分が命令すれば誰も逆らえない。
「日本人を名乗るものを皆殺しにしろ」という命令でも・・・

その瞬間ユフィに変化が・・・使った覚えのないギアスが発動していた。

酷いよ~~こんなところでギアスのON/OFFが出来なくなるなんて。マオ状態です。
ユフィは到底受け入れることの出来ない命令に抗おうとするが、そこは絶対遵守の力。抗い切れず『日本人の皆さん、死んでください」てとんでもない事を言ってしまいます。

『虐殺です
い、いや可愛く言ってもダメだから~~~

待機していたブリタニア軍に日本人殲滅の命を出し、自らも銃を手に日本人を惨殺していくユフィ・・・

会場中が混乱する中、やっと見つけたユフィは目の前でゼロに撃たれてしまう。
『たぶん、初恋だった』
ユフィを撃ったときのゼロのセリフ。え?え?ここでそういうこと言わせちゃうの??複雑だ・・・

ユーフェミア鬱陶しいと思ってたけど、この役回りは痛すぎるよね。
でもユフィの存在がルルとスザクの間に溝を作ったのも事実。
この人結構さげなのかも。

見終わってまた沈んでしまったがーん




スポンサーサイト