暦物語 第9話「こよみトーラス」

第9話「こよみトーラス」

ガハラさんからの差し入れのドーナツをめぐる交渉術指南?
ドーナツを食べたがる忍が可愛いんじゃw

忍のドーナツ語りが熱い!完全にミスドの宣伝じゃないかwww
毒見と称してすべて食べてしまおうと考える忍。ガハラさん手作りのドーナツはドーナツマスターの忍をも満足させる出来か。

しかし忍の毒見を許してしまえばすべて食べられてしまう。
買って来たドーナツなら構わないだろうけど『彼女の』が付くと重みが違いますね。

忍がドーナツを隠し、アララギさんが見つける勝負。見つけた分だけ食べる事が出来る。
幼女のレギンスで目隠し。これは変態と呼ばれても仕方ない。口にまで詰め込まれたのかっ!
さすが全方向に隙の無い御仁だわw

結局ドーナツは4つのうち3つしか見つけれなかった。
今回の解決はバサ姉。何故かサービスショットを交えて解説してくれます。

隠したトリックは驚くようなものではなく、大きなドーナツの中に小さなドーナツを隠しただけ。
結局アララギさんは残った4つのドーナツをすべて口に出来たわけです。
しかしそれでは忍のドーナツを食べるという目的は達成されない。

今回の話の本質はそこではなく、
自分の目的や利益を放棄すること、捨て身で無私であること・・・
自分ではなく相手を思っての事。それは交渉ではなく愛情だと綺麗に締めくくりました。

たかがドーナツ、されどドーナツ。微笑ましいエピソードでしたね。
スポンサーサイト