GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第21話「デッドライン」

第21話「デッドライン」

知らん間に特地には各国の使節団とマスコミが入っていたんですな。
翡翠宮では騎士団と帝権擁護委員部の抗争が勃発。
救援要請を受けた政府はどう動くのか・・・

森田総理と交渉する嘉納大臣ですが、総理は他国からの非難とマスコミからの糾弾を恐れて動けない。
下手に動くと他国の介入や帝国制圧の餌にされちゃいますね。

日本に助けを求める事で逃げ込むことでゾルザルと対立する事は分かっていた。
自分が起こした戦いから目を背けない12歳さんメンタル強過ぎます。

シェリーを助けたことは後悔していない。しかしこの戦いを引きこした罪は自分にあると語る菅原。

戦いから目を背けて恥辱を選ぶものは、いずれ戦いと恥辱の両方にまみれだろう。
人に出来るのは自らが納得できる罪を選ぶことだけだ。

カーゼル公爵かっけぇ!カーゼルがシェリーの後見人となる。
菅原の義理の父?最強一家になりそうだw


多数の被害者を出すが帝権擁護委員部は撤退。
翡翠宮の守りってほぼ女性と老人で編成されてたんだな。

アルヌスでは救出された紀子さんがマスコミへの現地コーディネーターとしてお仕事してました。
ジャーナリスト()の古村崎は自衛隊への色眼鏡ありきでの取材。
報道する側にも主義や主張があってもいいと思うけど、偏向と捏造(&妄想)はいけませんぜ。

使節団を案内する女性自衛官が美人だわ~
しかし帝国全土の地図を手に入れるためには他の隊員の財布の中身も全部吐き出させて情報を死守w
人が変わってるぞwww

レレイの導師号試験のためにロンデルに戻ってきた伊丹たち。
導師号を諦めても刺客が来ないとは限らない。逃げ回っていても根本的な解決にはなりませんね。

明らかに怪しい。刺客を罠に掛ける作戦ですね。
絶対に目を開けるなよ、酷いことになるぞ。とシャンディに声を掛ける伊丹。
何でこの子だけ部屋の隅にいるの?

部屋に入って来た刺客はベッドに剣を突きつけた刺客。伊丹は閃光弾を転がす。
目がぁ!目がぁ!
目をつぶってろって言われたのにwしっかりノルマ達成してくれちゃってますw

刺客の正体は宿の従業員。
笛吹き男と呼ばれる暗殺者に中二心をくすぐられて伊丹たちを悪人だと思い込まされたよう。
『中二病』レレイは新しい言葉を覚えた!

宿の主人と従業員を許し、同じ宿に泊まりたいというレレイ。
一度失敗したなら警戒も強くなるだろう。実際は刺客を絞り込むためか。レレイも策士よのう。

監視役は転げまわっていて唯一顔バレしていないシャンディー。
この子で大丈夫かしら?

ロンデルへ続く橋の修復が完了し、情報が伝わったことで一気に有名人になった伊丹たち。
炎龍退治の最大の功労者に祭り上げられているレレイ。
ロンデルへの橋はひとつだけではない。意図的な情報封鎖?
何とかアルヌスと連絡を取ろうと試みる。

ピニャ殿下のノルマ達成の最中に乱入してきたゾルザル配下のゲス3人組。
ゾルザルはピニャを呼び出し自分の意向に沿わない妹を更迭。黒ウサギちゃんがマジ悪い顔してんなぁ。
自業自得だとしてもこんなのしか集まって来ないゾルザルのお察し感。

嘉納さんたちの説得に折れた総理は外務大臣の責任でやっと救出の許可を出す。
自衛隊やる気やっ!オラぁワクワクしてきたぞwあくまでも救出作戦ですからね。


http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/gate-21.html
スポンサーサイト