僕だけがいない街 第7話「暴走」

第7話「暴走」

ついに逮捕されてしまった悟。
自分を見つめる目に気付いた悟はこれが最後のチャンスだとリバイバル!

雛月との宇宙センターデートまで戻ることが出来ました。
後から仲間が合流するところも前回と同じ。

聡いケンヤは悟の変化に気付いてました。
貸した本読んだ?とカマをかけられ、雛月が殺されることを打ち明け協力してもらうことに。

まぁ心強い見方が出来たのは良しとする所だけどケンヤが悟の話を信じる行とか端折っちゃダメでしょ~

雛月をケンヤたちに任せたことで過去がどんどん変わっていきます。

雛月失踪のXデー。不自然だと思われても構わないと真犯人が犯人に仕立てるユウキさんのアリバイ作り。
警察をアリバイ工作に使っちゃう小学生w

さらに雛月から遠ざけるために母親に手をかけようとしたところをケンヤに止められる。
絶対に雛月を助けるという強い意志は逆に危うさもはらんでいた事をケンヤは気付いていた。
冷静になった悟は雛月を『誘拐』
今からさらうけどいい?って恥ずかしい台詞禁止!

ケンヤが見つけた隠れ家。夜中に戻ってくるからっていつの間にか加代って呼び捨てにしてるし。
小学生女子を呼び捨てにしてドキドキする中身29歳。

夜中に家を抜け出す悟。佐知子ママはしっかり気付いてるな。
夜中に戻った来た悟はそのまま朝まで眠ってしまいケンヤに起こされて登校。

大きな変化は先の予想が立て難いと言ってたけど、Xデー以降は未知の領域だよね。
ヒロミも巻き込んで隠れ家でひと時の楽しい時間。

最終的にはどうするのかというヒロミの疑問に自分が責任を取ると言い放った悟。
しかし雛月は自分が言いだしっぺでみんなを巻き込んだ事にすればお咎めなしだと。

その発想はなかった!
悟は自分だけがイレギュラーだと分かっているからすべてを被る覚悟で雛月を守ると決めた。

自分を省みないのが真のヒーロー?
結果があっての正義のミカタじゃない。信じてやり抜こうとすることがヒーローか。

Xデーはやり過ごせそうだったのに雛月に近づく何者かの影。
いいところで切りますなぁ。

現実問題いつまでも隠れ家にいるというわけにも行きません。
雛月が殺されなければ未来も変わるでしょう。

ここで気になるのは悟が自分を一連の事件の外に置いていることですね。
雛月との関係やケンヤたちの協力という変化が悟自身の変化に繋がらないとは限らない。
これで真犯人が諦めたとは考え難いし、まだ気は抜けませんね。

http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5721.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-2927.html
スポンサーサイト