僕だけがいない街 第6話「死神」

第6話「死神」

取り残された愛梨を助け出そうと炎の回った家に飛び込んだ悟。
一瞬気付いた愛梨は自分の携帯を悟のポケットへ。

愛梨の救出に手間取る悟に手を差し伸べたのは店長!
ストーカーだけど愛梨を助けたいという気持ちは本物なのね。

手柄は自分のものだ。悟に裏口から出て行けという店長。
憎まれ口を利いて悟が逃げ出す口実を作ってるんですわ。嫌なヤツだけど基本的にはいい人なんだよな。

助け出された愛梨は病院で目を覚ます。
女子高生を共犯に巻き込んで殺人に放火と悟は凶悪犯にされちゃってます。

しかし悟は絶対にやっていないと信じる愛梨。
信じてもらえなかった父と信じ切れずに後悔する母を見て「人を信じること」の大切さを学んだんでしょうね。

愛梨の携帯に届いた犯人からのメールを見て悟は母が残した番号に電話を掛ける。
澤田さん来ましたわ!佐知子さんのかつての記者仲間。悟にとっては信じていい相手ですね。

澤田さんは悟が犯人ではないと確信しているようです。
彼女が自分を殺すような息子を育てるわけがない。
ここ好きだなぁ。

佐知子ママは雛月殺害犯がユウキさんではないと気付いて澤田に連絡を取っていました。
しかし真犯人の名を伝える前に襲われてしまった。ここは伝えておくべきでしたね。

雛月加代失踪事件がすべての原点。
澤田さんの調査資料で雛月から続く事件をおさらい。
真犯人は身代わりの犯人を仕立て、自分から捜査の目を遠ざけていることに気付く。

愛梨を狙ったのはバイトのシフト表を見ることが出来た人物。
それを確認しに病院へ向かう澤田さん。

病室に忍び込んだ澤田が会ったのは愛梨の母。
愛梨を信じ身代わりになってくれたんですね。お母さんが結構かわいいw

その頃、愛梨の携帯に着信。
愛梨は病院を抜け出し悟に一人で会いに行くと連絡してきました。

愛梨との待ち合わせ場所に行く途中、かつてのユウキさんと同じように小学生に飛行機の飛ばし方を教える悟。
主婦がヒソヒソしてますが、平日休みの人間だっているのよさ~
しかし今なら完璧に事案発生だな。んー困っている子供に声も掛けられない(何も教えてやれない)世の中になっちゃったんだな~

約束どおり一人でやって来た愛梨は店長を訪ねて来た西園という市議が怪しいと告げる。
動けば動くほど事態が悪化する死神の話と自分を重ねる悟を「ばっかじゃない」の一言でケリをつけちゃう愛梨w
今はまだ通過点に過ぎない。愛梨の言うとおり結末は誰にも分かりません。

尾けられてたーーーっ!
警察に囲まれる悟。容疑者確保じゃねーよぉぉぉ!
自分が警察を連れて来てしまったと泣きながら謝る愛梨。
しかし悟にとっては愛梨が信じてくれたことでまだ踏ん張る力をもらえたんですね。

手錠を掛けられ、連行される悟を見つめる人物。
見たことのある目・・・佐知子ママを殺害し悟を嵌めた人物ですね。
これは次回リバイバル来るな。

犯人が狡猾なのもありますが、どう見ても警察が無能としか思えない。
初動の不手際と思い込み。そう仕向けているんだけどまんまと嵌り過ぎです。

もう一度飛ぶと思いますが、次こそは雛月を救えるのか。
そして未来を変えられるのか。
次のリバイバルは前回よりもより大きく影響するでしょうね。
楽しみです。

http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-2910.html
http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5681.html
スポンサーサイト