うたわれるもの 偽りの仮面 第17話「残照」

第17話「残照」

ハクの過去が明らかに。


冒頭からハクの悶絶顔w
クオンに足の裏の治療をしてもらっていたんですねぇ。

ウルサラに連れ出されるハクに晩御飯までに持ってきてとお願いするクオンの正妻感。
クオンはハクの身に何かが起こると不安を感じているんでしょうね。

ミカドに呼び出されたハクはウズールッシャとの戦いであそこまでする必要があったのかと疑問をぶつける。
ミカドの狙いは恐怖による抑止力。
しかし恐怖は風化し、長くは続かない。前に侵攻してきたのは確か200年前!
ミカドマジ何歳なの?という疑問もこの後明らかに。

神が人を導きお隠れになった後、人が地に国を掲げたという神話を描いた扉の向こう。
いきなりのハイテク感!ああ、やっぱりうたわれだわ~

ミカドもハクも科学者だったんですね。ハクが積極性に掛けるのは昔からかw
人が住めなくなった地上の環境の再生と人の適応力の研究?
でもアイスマン計画とは別の研究なんですね。
あ、ハクオロさんにミコトだ!やっぱ繋がってんだなぁ。

ホノカさんとアンジュもいますが、今の二人とは違う?
ハクが初めてホノカさんを見たときに引っかかったのはこのせいか。

研究の内容云々は良く分からん。兄の研究のために被験体となったハク。
恥ずかしい会話禁止!か~ら~の覚醒までハクの記憶は当然飛びます。

その間に何が起こったのか。
タタリの正体はかつて人間と呼ばれたものの。ある日突然スライム化し始めた人類。
ミコトを殺されたアイスマンがウィツァルネミテアの力を使ったやつですね。
アイスマンの暴走の別視点での話。こういうの好き。

ゲル状になった人が人を襲い、疑心と恐怖に駆られた人々は互いに殺し合う。
その流れからアマテラスで浄化ですな。

生き残ったミカドは絶望と孤独に耐えられずデコイを作り孤独を癒してきたのか。
人や国を育てる喜びは感じてても『家族』とは思えなかったのね。
そりゃ生き残った実の弟が見つかれば可愛くて仕方ないだろうなぁ。

ミカドが神にも等しい存在と崇められる存在なのも頷ける話。
アイスマンとミコトの間に出来た子供たちとは違う系譜になるんですね。

自分の出自を知り(思い出し)家族について思い悩むハク。
血のつながりだけが家族じゃないということをクオンは良く知ってますからね。
クオンの存在がハクの家族の考え方に大いに影響しそうです。

仮面は遺跡の調査と研究を続けたミカドが開発。
タタリを人に戻せるかもしれない。弟が見つかり自分の願いを繋げられるという希望が出てきました。
キーになるのはやはりハクオロさんか。

ウルトリィ!落ち着きが増しましたね。隣のヒゲは誰かと思ったらオボロか?ヒゲいらないしw
1期のキャラが出ると上がりますわw
交渉に赴いたBL作家がラストで悪い顔してたなぁ~黒幕なのか?

ヤマトがトゥスクルに侵攻する事になるのかな?
ハクとクオンの関係が変わらないといいんだけど・・・OPで不安になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/yurevy117mobius/14259670.html
スポンサーサイト