暦物語 第3話「暦サンド」

第3話「暦サンド」

はっちくじ!はっちくじ!
「かみまみた!」までは様式美w

え、もう忍野出ないの?
忍野が街を去ったところまで来ちゃいましたか~

忍野が街を去ったことを告げるアララギさん。
彼が抱えた借金500万円の支払いのために対価に出来る怪異譚や怪談を探しながら散歩していた八九寺。
何の借金だってっけ?覚えてないやwww

50円の価値しかない話を500万円で吹っかけようとしてたのかw
まぁ50円で大喜びしてるんだからカワイイよね、許す。

八九寺が見つけてたのは公園の砂場に関する不思議な話。
いつの間にか砂が鬼の顔のように変わっている・・・

砂場を調べるアララギさん。普通の砂だし特に変わった様子もないと調査終了。
で、戻ったところで羽川から電話。

アララギさんの思い込み。怪異もしくは誰かのイタズラと決め付けていないかと指摘される。
砂場を調べたというのも砂だけで砂場のそのものを調べ上げたわけではない。

原因は怪異でもイタズラでもなかった。
いつか起こるかもしれない事故を未然に防いだことになりますね。

忍野が街を去ったことで聞き手が羽川に変更。
不思議な話、説明できない話も実は人の思い込みが真実を遠ざけているという話かな。
スポンサーサイト