ノラガミARAGOTO 第13話「福の神の言伝」

第13話「福の神の言伝」

ちびっ子を連れてどこかへ出掛ける夜ト。
恵比寿ですね、わかります。やっぱり代替わりしちゃったのか。

ちびすを連れて行ったのはオリーブ軒。
軍資金と服はカズマから拝借w
ちみっこに「痴女」とか言わせるのよくないと思うの~w

恵比寿ではあるが、先代の記憶はまったく受け継がないのね。
少しでも記憶が残っていないかと確かめる夜トが切ない。

ちびすくんも「代替わりが激しい」という事はすでに受け入れている模様。
先代が代替わりした理由もうっすら聞いているようで天に討たれるほどの大罪人だったのかと・・・

もちろん夜トは全力で否定。
恵比寿の願いを叶えられなかった自分を責め続けているようです。

当代恵比寿が先代と同じ道をたどらない様に神器や周りの神も変わっていくといいんですが、タケミカヅチが危うそうだな。

ラピュタ砲を切り捨てた夜トですが、神薙の陣に捕らわれてしまった恵比寿。
とっさに神器を戻す恵比寿に泣ける。

――私が死んでも代わりはいるもの――
天に討たれた恵比寿の最期の願いは「死にたくない」
代替わりするから何度死んでも構わないと言われ続けていた恵比寿が夜トの出会いで生きたいと願った。
神としての存在は継続しても代々の恵比寿と関わった人たちとの絆は切れちゃうんですよね。

夜トと出会って恵比寿が変わったように夜トもまた恵比寿と出会い、神としての願いがハッキリと見えてきました。
人を幸せに出来るような福の神になりたい。

自分が人の願いによって人を斬って来た事を雪音に告白する夜ト。
告白というより懺悔に近いかもしれない。

ノラがやっぱりしれっと戻ってきた~
恵比寿をはめたのはとと様。術に興味を持った恵比寿を身代わりにしたのか~
つーことはとと様も術師なわけだ。

雪音の存在を否定し、夜トを元の場所に誘うノラ。
しかし夜トは変わり、もう今までのような事はしたくないとノラを放つ。
なんだかんだでノラと離れられなかった夜トですが、雪音とひよりの存在がノラを越えましたね。

福の神になるにはどうしたらいい?と道標に問う。
変わったことはしなくていいと応える雪音。
斬ることしかできないなら、災いを斬ればいい。

夜トの進む道が見えてきました。
夜トの願いが叶うよう祈るひより。朝までずっと見てたんかw

Cパートで黒幕判明?
言の葉を持っていたのはイケメン藤崎~
やっぱ胡散臭かったー!こいつがとと様って事か。

久々に泣けた。
毘沙門編が少々長かったけど2期面白かったです。
原作のストックがどれほどあるのかは分かりませんが、これは3期やる気ですね。
期待して待っていますので、ぜひよろしくお願いしますw

スタッフ、キャストの皆様お疲れ様でした。
ここまでお付き合いくださりありがとうございました。

スポンサーサイト