うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」

第11話「皇女の火遊び」

言いだしっぺのハクが砦に到着すると皇女誘拐の脅迫状完成。
止める暇も無くオウギが脅迫状を出しに向かってしまう。今回も流され巻き込まれるハク。
アンジュが去って一息つくクオンたち。こっちもまだ事の重大さに気付いてないな~
このまま本当に誘拐されたことにすればアンジュがオシュトルから叱られると誘拐を煽るネコネ。
また話をややこしくするぅw


オシュトルは脅迫状から犯人を特定済。
動かないオシュトルに業を煮やすネコネ。追い討ちを掛けるために次々と送り込まれる扇の矢文にオシュトルの執務机はボロボロです。
机「解せぬ」
仕方なく重い腰を上げたオシュトル。

ノスリはバカなことは止めて帰ろうと説得するハクを拘束。
乙女の恋>国家

夜中に屋台でうどん。めしテロかw
オシュトルの出動と同行するネコネを見てまだやっているのかと様子を見に行くクオンたち。
誰?屋台ごと連れて行くのかよw

アンジュの想い人の名はオシュトル。連呼してやっと気付くとはさすがウッカリ一族w
アンジュが皇女殿下だとやっと気付いたノスリは平身低頭平謝り。ここは手を引くしかない。
しかしウッカリだけど義の人。アンジュにそなたしかいないのじゃ!と言われて協力続行です。やっぱりハクも巻き込まれたかw
オウギは絶対全部わかってやってるなw

オシュトルが到着したが動かない。
三文芝居が長いわっ!兵士たちもやれやれという感じ。うどん食べちゃってるし~
アンジュの「あ~れ~(チラ」「あ~れ~(チラ」がうぜぇぇぇ!

そろそろ頃合かとやっと動いたオシュトルを見てノスリはエクストリーム謝罪。
すべて分かっていてハクに剣を向けたオシュトル。
鉄扇久しぶりに抜いたなぁ~ハクが結構強くなってます。

二人の戦いを見て違う方向に興奮している姫が約一名。
「ちっ、腐ってやがる」屋台のおっさんレギュラー化希望w

ハクがオシュトルに敵うはずもなく終了。
ハクに立って戦えと言うアンジュ。お前どっちの味方だよ~

自分が至らなかったせいで姫殿下を危険な目に遭わせた責任を取り、位の返上と切腹を申し出るオシュトル。
組織のトップの頭は責任を取るためにある。大人の対応ですね。

くしゃみをしただけで路頭に迷う奴が出てくる
ハクの言葉を実感し重く受け止めたアンジュは自分の軽率な行動がどんな結果を招くか肝に銘じたようですね。
オシュトルに頭を下げるアンジュ。素直に非を認め臣下に頭を下げることが出来る。このまま行けばいい王になりそう。

一件落着して王としての立場を弁えると語るアンジュ。
握った手の先にはムネチカ様っ!目がめっさ怖い!
オウギはしっかり保護者を召還してました。ヤバイ、こいつマジできるwww
(公開お仕置きしちゃったのかな?)

知らなかったとはいえノスリたちもお咎めなしと言うわけには行かない。
二度と同じ過ちを犯さぬようハクをノスリたちのお目付け役に任命。
上手く押し付けられました。また厄介ごとが増えたwまぁパーティメンバーが増えたって事よね。

一人どぶ掃除に残されたキウルは不憫だが今回はオチ(弱め)要員ということでw

話は進んでないけど終わってみれば面白かったな。
皇女の火遊びで国中が戦渦に巻き込まれることもあるし、ここで学んだのは良かったと思います。
ハクがどれくらい強くなっているか確認したのも何かのフラグでしょうか。
うたわれは何気ないエピソードがキーになったりするから侮れないのよね。


http://blogs.yahoo.co.jp/yurevy117mobius/14139084.html
スポンサーサイト