櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第10話「蝶は十一月に消えた(前編)」

第10話「蝶は十一月に消えた(前編)」

本格的に冬が来る前に山を散策。
櫻子さんの目的は骨探し。正太郎的にはウキウキデートっぽい感じでしたが、今回は磯崎先生も同行。
いつの間にか仲良しになってますね~
写真を撮るときの謎ポーズは何だ、キラ星かwww
一匹の蝶を追いかける櫻子さん。遺体に群がる蝶。
蝶というときれいなイメージですが結構いろんなものに群がるのね。
ウサギの骨をゲットしてご満悦の櫻子さん。守りたい(のか?)この笑顔w

磯崎先生に一昨年卒業した卒業生が失踪したという知らせが入る。
元教え子の失踪。これが掘り返すと一人ではなく、高校時代にもう一人いなくなっていた。

一重と二葉と三奈美。三姉妹と言われるほど仲の良かった三人だが二葉の失踪をきっかけに一重と三奈美も疎遠に。
今回の櫻子さんはやる気満々。先生について一重の家を訪問。

本当に心配しているなら警察に連絡するはずだ。
世間体を気にし、娘のことを理解していない両親に櫻子さんは超胸くそ。
元テニス部だった一重の手掛かりを求めてテニス部の百合子に連絡。
一重も二葉も絵のモデルをしていたことが判明。

事情を知った百合子は祭りの日に磯崎にひどい事を言ったと謝罪。まぁあの時の先生の割り切り方も大概だったからな~
その頃一重はどこかの別荘?にいましたが、目が逝っちゃってますよ。

電話が繋がらないなら直接行けばいいだろう。今回の櫻子さんは積極的です。
その先には死体に出会えるかもしれないと言う期待があるんだな~

男を寝取られて一重と二葉が喧嘩をしたと話す三奈美の母親。
二葉の部屋で見つけた絵は呪われた男・藤岡の家で見たものと同じタッチ。
はい、画家が断然怪しくなって来ましたねぇ。

櫻子さんは画家や一重の事を頑なに語ろうとしない三奈美を家に招待する。
ばあやさんの手料理で堕ちたか?

仲の良かった頃を思い出して泣いてしまった三奈美ですが、二葉の失踪や一重との喧嘩以外にも何か隠していそうですね。

帰り際、櫻子さんから翌日の朝食に誘われて浮かれる少年。
ただみんなで食事をしたい。なんて櫻子さんが思うはずもなく、本当の目的は別のところにあるようです。

二葉と画家・花房の出会い。自分を蝶と言われて堕ちたのか。
二葉もチョロいんだろうけど、花房も堕ちやすい子を狙っているんだろうね。
テラ子安がラスボスっぽい。

洗脳されちゃってるような感じですね。
花房は櫻子さんの過去とも繋がりそう。後半が気になります。
スポンサーサイト