ノラガミ ARAGOTO 第10話「斯(か)く在りし望み」

第10話「斯(か)く在りし望み」

イザナミ様、そのコミュニケーション方法は間違ってますw
浮かないひより。
いきなりキスをしたイケメン藤崎。
乙女ドリーム全開のハニワならこれで恋に堕ちるトコロですが、えらく嫌われたもんです。
イケメン無罪とはならなかったぜ、ざまぁ。

黄泉でイザナミに追われる夜トと恵比寿。
恵比寿が言の葉をを求めたのは先代の意思を引き継いだだけではなく、巷にあふれる妖を使役することで少しでも人のためになるとの考えからだった。

自分のことばかりだったと己を振り返る夜ト。
これからは人に認められる神になりたいと願う。
神の領分からは外れたことをしているという点では二人は似たもの同士。それ以上に人と寄り添いたいという想いも一緒なんだな。

雪音の声か掛けられたひより。姿も見えなくなってた!
しかし懐かしい香りにすべてを思い出す。匂いの記憶って結構残るものなんですよね。
雪音はひよりに抱きつかれて鼻血ブーwww

小福ちゃんも戻ってない?カズマ、大黒さんも高天原の異変に動き出す。
術師の正体が恵比寿だと判明し拘束される七福神。毘沙門と大国主がメインだけど他の七福神も面白そうだなぁw

自ら事の真偽を確かめるために自ら恵比寿討伐に向かうと立ち上がった大国主に一線を放った天つ守。
結構怖いことするなぁ。これに大国主様怒り心頭。

「神器を持たぬ神など無力」すげけ上から目線な神器だな。
それは危険な思想だと助けに来たカズマがチクリ。


大国主が大蜘蛛に変化して大暴れしている間に毘沙門が恵比寿救出に向かう。
後は七福神様たちにお任せ。ドタバタだけどいい連携してるw

恵比寿の他に黄泉に入った若い男を夜トだと確信したひよりと雪音は揖屋へ。
黄泉の入り口が観光地になってます。黄泉比良坂があるところですね。

ひよりを危険な目に会わせたくない雪音ですが、ひよりは夜トの顔を見てちゃんと確かめたい。
でも入り口は硬く閉ざされて入れません。

自分が何度も代替わりをしていることを思い出す恵比寿。
あっさりと新でも蘇るから安心ですよと笑顔で言う神器が地味に怖い。


恵比寿を逃がそうと時間を稼いでいた夜トが捕まってしまう。
イザナミに自分が残るから夜トを離してくれと告げ、言の葉を夜トに託そうとする恵比寿。
イザナミ様泣くほどうれしいのか~この人はこの人で可哀想なんだけどね。

これに納得できない夜ト。
代々の恵比寿の考えではなく、今のお前に心残りはないのかと問う。
オリーブ軒の定食が食べたい。どんだけオリーブ軒好きやねん!w

出口がないなら作ればいい。妖を放って黄泉に風穴を開けさせる(開いたよ!)
風穴に巣吸い込まれて脱出!夜トだけ捕まった~~~!えーここで終わり?毎回になるところで引くなぁ。

取り敢えずひよりの記憶が戻って良かった。
自分は特別だから忘れないと思っていたが自分も例外ではないと気付いたのは良かったな。

小福ちゃんと天神様も何やら動きそうだし、そろそろ反撃でしょうか。
続きが非常に気になります。

スポンサーサイト