ノラガミARAGOTO 第7話「神様の祀り方」

第7話「神様の祀り方」

夜トたちの帰還を喜ぶ小福ちゃんや天神様たち。
雪音が祝の器になったことも報告。
毘沙門の誤解も解け、すべては上手くいった。
そこで天神様が夜トとの約束を持ち出す。
ひよりとの縁を切れ。
今回巻き込まれたのも彼岸に関わり過ぎたため。
夜トはひよりとの縁を切らねばならないのか・・・

無事に高校生となったひより。
「夜ト部にしよう!」縁・・・切れてませんでした!ですよねー
神出鬼没の神様!完全にストーカーです、ありがとうございました。
おそろいのゆるふわスカーフ?いらない子ですね。

毘沙門の神堕ちの件で神議が開かれる。
夜トとは別に夜刀神様もいるんですね。さすが八百万。
誰が夜トたちを上に上げたのか?慌てる天神様がかわいい。

神の間でも面の妖の存在は厄介事。
クガハを放ったのは軽率だったが、今回の件は毘沙門に非があるのでどう言われても受け入れるしかないよね。

神議が終了し、毘沙門に声掛けてきたのは大国主(大黒天)
なんかファンキーででっかいおじさんですw
七福神が勢揃いでざわめく神たち。やはりネームバリューNo,1集団の注目度は高いなぁ。
ハワイ支社で飲み会w世界中に手を広げてるの?

夜トの元に恵比寿が訪問。
こちらも超一級神様の来訪に正座したまま固まってますw

「祝の器を買いたい」
え?神器って売買できるもんなの?

いかにもーなジェラルミンケースの中には札束!!さすが恵比寿様。
あ~憧れの札束ビンタw
心が揺れる夜ト。雪音には恵比寿の元に来れば月100万のお誘い。おまえらwww

道標として主を導く存在であるといわれた雪音。
夜トの神器は雪音しかいない。必然的に雪音が道標という事になる。

大黒もまた小福ちゃんの道標。貧乏神だから守らなくていいという小福ちゃんがちょっと切ないなー
神と道標のあり方もそれぞれ。雪音は夜トをどう守りたいのか考え始めましたね。

大金を前に考え込む夜ト。返すつもりらしいがやはり「その金で社を建てろ」という甘言は捨てがたい。

振り込め詐欺に遭ったおばあさんからの依頼。
社が欲しいならもっと依頼金額を上げればいいのに。
5円は破格に安い。裏があるんじゃないかと逆に怪しい金額だよね。
夜トはまずは名を売ることが先決と言っているけど、5円に拘る意味があるのかな。

振り込め詐欺の犯人を見つけた夜ト。
雪器!拒否る雪音w
犯人に蚤くらいちっさいがま口型の妖が憑いてました。この大きさでは斬れない。
移動する犯人を追跡。夜トが落とした5円玉に触手を伸ばす妖。

死人は(物)欲を持ってはいけない。
もっと強くなって夜トを守りたい。雪音の道標としての目標が見えて来ましたね。

雪音は恵比寿が置いていった札束をばら撒き妖を誘い出す。後ろで主様も拾ってますけど?w
ホント、夜トの物欲センサーは・・・

大量の現金で巨大化した妖をあっさり退治。
しかし社への夢破れた夜トは食事も取らず落ち込んでいた。

そんな夜トにひよりが差し出したのは工作で作った小さな社。
思った以上に効果絶大!嬉しくて涙を流す夜ト。

どんなに欲しくても人の思いがなければ手に入らないものか。
鼻水垂らして泣く夜ト。雪音がオカンキャラにシフトしそうw
絆創膏だらけのひよりの手もいいですね。

ほっこりした気持ちで終わるのかと思ったら・・・
恵比寿!お前かっ!面並べてるじゃ~ん!
代替わりが早いのは面の妖と関係があるのかしら?

スポンサーサイト