櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第4話「呪われた男 前編」

第4話「呪われた男 前編」

友人のことで相談があると内海巡査から連絡を受けた正太郎。
目的は櫻子さんへの口利きですね。内海からは完全に探偵認定されてますよw
自分はもうすぐ死ぬと言う友人の藤岡。

原因は病気などではなく『呪い』
正太郎の予想通り、櫻子さんは「くだらない!」と一蹴。
しかし正太郎にまで頭を下げられて渋々藤岡の家へ。
飼っている犬まで呪いの犬とか言われてますけど~
一本道を塞いで駐車している車がめっさ怪しいんだが。

藤岡の家では男子は長生きできない。
皆早くに亡くなっているらしい。藤岡は亡くなった自分の父と同じ歳になり次は自分だと言い出した。
え?内海って36歳なの?もう少し落ち着いた方がよろしいかとw

デザイナーズ住宅に住み、奥さんと生まれたばかりの娘との3人家族。
東京の会社を畳んで北海道に移住。現在の収入源は株。
うわぁ完全に勝ち組じゃん!

ワンコの前の飼い主も50歳で急死(その前も何人か逝ってる?)
処分しようと相談する親戚から引き取ったらしい。
呪いの番犬?(内海視点)ただの犬嫌いかよw

ここまで絵に描いたような勝ち組なのに呪いで死ぬと信じて疑わない。
周りから説得しても聞く耳を持ちません。面倒臭い男だな。
つかどうしても呪いにしたいらしい。

コーヒーも紅茶も飲めないお子ちゃま味覚の櫻子さんのためにリンゴジュースを作る奥さんとお手伝いする正太郎。
二人になり呪いなど信じてはいないけど・・・不安を口にする奥さん。
冒頭の母親との会話もあって、正太郎は残される方の視点からこのエピソードを見る役割なのかな。

櫻子さんは呪いなど全く信じていない。
しかし藤岡は親族が早死にした証拠を集めて、これでも呪いじゃないと言えるのかと声を荒げる。
偶然が重なれば何かのせいにしたがる。偶然にしては多過ぎますが、呪いと断定する根拠も無いけどね

そもそも「呪い」を証明する方が難しいよな。

誕生日だからとケーキを取りに出かけた藤岡。
途中で出会った人物は藤岡家を見ていた人?
なんかこの人のせいで藤岡が呪いを信じ込んでいるような感じがするんだが。
いずれ櫻子さんと対峙する事になりそうな予感。

呪いの犬に呪いの絵までありましたよこの家。
形見分けで引き取った絵だが、気味が悪いからと物置にしまってあるという。

手袋パッチンもなく、黙って様子を窺っていた櫻子さんが動いた。
絵を見せろ。帰宅した藤岡に近くに飾ってあるだろうと迫る。

ただの風景画が解決の鍵?絵に何か細工がしてあるんだろうか?
ワンコが櫻子さんになついたのは死体の臭いがしたから?
単に動物に好かれるタイプかもしれないけどw

解決は後編を見ればいいんだけど、とにかく藤岡が面倒臭い。
残された家族が不自由しないように準備したから死んでもいいってことにはない。
病気とかなら仕方ないけど、呪いじゃ奥さんは絶対に納得出来ないよね。
呪いじゃないといけない理由でもあるんだろうか。

少年が櫻子さんの腹チラ(わき腹)に釘付けになるのは仕方ないよね~www

http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5074.html
スポンサーサイト