終わりのセラフ 名古屋決戦編 第13話「人間のセカイ」

第13話「人間のセカイ」

次の舞台は名古屋らしい。
吸血鬼はまたヘリに乗って移動かしら?w

1期の最後の方にチラッと出てきた柊真昼さん。
鬼呪装備の開発者で結ばれない運命のグレンに惚れて鬼化したところをグレンに斬られたと。
今はグレンの鬼呪装備になっている。

シノアとの会話でサラッと説明してるけどそんな軽い扱いでいいんだろうか。

人間の吸血鬼化について調べる優一郎。
知ってることを教えるというシノアですが有益な情報は無いようですね。

柊家に呼び出された優一郎。グレンはお前は俺のものだと腐の方が喜びそうなお言葉を放ってますが、柊家に呼び出されるというのはかなり深刻な状態のようです。
シノアもグレンも先に面接を終えた三葉も心配するほど怖い家なんだな。

先の戦いで何の活躍も出来なかった三葉は名門三宮家という事で昇進。
実力と家の名のギャップにやり切れない思いを抱く三葉を笑ったりしない優一郎。
ホント大人になったなぁ。
三葉は優一郎に関しては知らぬ存ぜぬを貫いたようですが・・・

呼び出しの部屋に入るといきなり吸血鬼がお出迎え。
スパイ容疑の踏み絵かよ。

日本帝鬼軍中将・柊暮人に試される優一郎。
さすがに強く、太刀打ちできない。
次はグレンと仲良しなので疑われている柊深夜がお相手。
まぁこちらにも勝てるわけ無いんですけど、暮人に一太刀浴びせようとする優一郎の負けん気は評価する。

本当に下種なのはここから。
知っている事は全て話せと面接という名の尋問。
君月と与一を目の前で痛めつけさせるというやり方は胸くそ悪いですね~
崩壊した世界で人道的もクソも無いんだろうけどね。

吸血鬼の街で暮らし、逃げたところをグレンに拾われた。
優一郎は本当に何も知らず、白夜という名の意味さえ知らなかった。
孤児院の子供たちは白夜教の人体実験のモルモット。

ここで暮人はグレンが優一郎の中にある何かを利用しようとしていると察し。
今度は暮人から俺のところに来いと誘われる。優ちゃんモテモテですやん。

君月と与一を解放させ戻った優一郎。
優一郎が気にするのはグレンの役に立つかどうか。
そして家族を助けたい。ミカエラ奪還に協力してくれるかどうか。

グレンにとって今の仲間は家族。
家族を取り戻すのに理由はいらないってことか?

ミカエラを人間に戻す方法、鬼呪装備の使い方。
グレンにはまだまだ教えてもらわなければならない事がたくさんありますね。

吸血衝動に苦しむミカエラ。
YOU飲んじゃなよ!と嬉しそうなフェリド様。いつも楽しそうだなw

そこへかつてのミカエラのように血を差し出しに来た少年。
は一旦スルーしてなんか偉い人の会議に出ろとか言われてます。
その方が楽しそうだから。相変わらず何を企んでいる分からない御仁だな。

人間を吸血鬼化する権限は貴族にしかなく、吸血鬼は数を増やすことを嫌うようです。
その割にモブ吸血鬼はかなり倒されてるけど大丈夫なんだろうか。
増やさない理由は食料事情?だけじゃないだろうなぁ~

再開一話目は「人間のセカイ」
吸血鬼より人間の方が怖いと感じました。

スポンサーサイト