乱歩奇譚 Game of Laplace 第11話「白昼夢」

第11話「白昼夢」

ナカムラの取調べを受けるミナミ検視官。マスクを取ると案外可愛いねw
警察内部の人間が協力者なら二十面相の尻尾が掴めないのは当然。

ビルの上に少年少女を並べたナミコシをTV局がヘリから中継。
集まった子供たちは皆自分の意思でここに来た。5分毎に一人ずつ飛び降りる。
アケチに一人で来いとメッセージを送るナミコシ。
何人救えるかな?

アケチに協力を申し出る黒蜥蜴ですが、アケチはキッパリとお断り。
雌ブタと罵られて最終回でも安定の失禁www

警察を出たアケチを取り囲むマスコミ。
子供たちを救えるのかと口にしながら、アケチが進もうとするのを阻止。
二十面相のシンパなんですね。

この先、ビルまでの間に次々と現れる二十面相の信者を倒せるのか?
そっちは残像だ(ニヤリ
影男キタ!影男が信者を引きつけている間に盗んだ(ハシバ曰く借りた)バイクで走り出すハシバとアケチ。

ビルの前に到着したが機動隊も二十面相の手に落ちていた。
こちらの助っ人は黒蜥蜴のマッチョな部下。
姐さんの彼氏なら自分たちにとっては旦那だとw
姐さんのだんなを救えなかった刻まれちゃうんですね~やっぱり怖い人だった。

アケチが助けられるのは一人だけ。
ナミコシかコバヤシかどちらか一人を犠牲にしなければならない。
そして一人を救えなかったアケチが避難される事で暗黒星は完成する。
どういう事かよく分かんないけど、コバヤシは死なせません!と言い切ったハシバに期待が持てそう。

ミナミ検視官は幸せではなかったけれど、復讐を果たし満足したと毒薬を口にして弟の元へ旅立ちました。

ナミコシの元へたどり着いたアケチとハシバ。
コバヤシは完成が世界を変える手段としてナミコシの数式の完成が必要だと自ら死を選ぶらしい。

アケチは立案者の死を持って完成する数式を否定。
しかし再生には死が必要だと同時に飛び降りるコバヤシとナミコシ。
創り変えるには一旦リセットしましょうパティーンですか。

アケチが手を取ったのはナミコシ。

これで二人は仲直りできると満足そうに見つめるコバヤシ。
いきなり自分が死ぬのは二人に仲直りさせるためでしたーってな感じで言われましても。

落下するコバヤシを掴んだのは消防用のホースを体に巻きつけ飛び込んだハシバだった。
これなんてハリウッド映画w最終回でハシバのアクションが見れるとは思わなかったw

二人とも死ななかった。予想した解は壊れた。
数式などいくらでも書き換えてやるというアケチですが、ナミコシはそれも受け入れられない。
アケチに認められなければ嫌われてしまう。命がけで助けてくれた人に嫌われているとお思いか?

アケチに礼を言って手を振り解いて落ちて行くナミコシ。
これで二十面相事件は解決?

小学生の時にハシバ家の跡取りという立場が邪魔をして浮いていたハシバ。
彼に声を掛けてくれたのがコバヤシ。
友達が出来る喜びを知ったハシバがナミコシに一番近い人間だったのかもしれませんね。

その後二十面相信者は暴徒化。沈静には相当の時間が掛かったらしい。
半年後には大事件も風化。しかしナミコシの遺体は見つからず信者が隠したのではないかと。

生きる事に何の執着もなかったコバヤシですが、この世界が少し面白くなってきたようです。

というわけで全編終了。
すべて解決、大団円!は初めから期待していなかったんですが、なんともスッキリしない終わり方でしたね。
探偵と助手がいるのに推理してないしw
二十面相は一人じゃない。誰の心の中にもいるというところまでは結構面白かったと思います。
コバヤシがぶっ飛び過ぎて後半では擁護できるレベルを越えてました。
反対にハシバ株が上がりましたけどw

黒蜥蜴と影男の登場は嬉しかった。
黒蜥蜴は何をして、あそこまで拘束されることになったのか。
気になるけど今から原作を読んでもコレジャナイ感しか残りそうにないw

スポンサーサイト