GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話「来訪者」

第11話「来訪者」

日本から特地に戻った伊丹たち。
アルヌス避難民キャンプは平和な日々。周りには人が集まり、町が出来て来ました。

講和の決意を胸に帰還した姫様は多忙な日々。
お風呂で寝落ち可愛いです。

ピニャ姫に同行しているのは外務省の菅原(EDにキャスト名なしw)
今の元老院は主戦派と講和派に二分されているらしい。

ピニャがまず目を付けたのは主戦派の中でも話が通じるキケロ卿。
最初は日本と聞いて聞いたこと無いな~pppと見下してたけど日本のお土産にwktkしちゃってます。
いいものはちゃんと分かる目は持っているのね。

日本が門の向こうにあると聞いて慌てて人払い。
捕虜となっている甥の釈放を条件に手のひらクルー。
交渉の席まで案内するのはピニャの役目。キケロは邪魔をしなければいいだけ。
相手の立場も考慮してますね。双方賢明な判断だと思います。


急速に増える人々にアルヌスは人手不足。
酒を出す店も出来て若い自衛官も足しげく通っているとか。
呑む位は構わないけど、目に余るようなら釘を刺しておけと。

見廻り組・ロゥリィw鳥の子も連れてますね。
夕刻になるともういない父親を探し歩くテュカ。
テュカを現実に戻したいと考える黒川に、伊丹は最後まで寄り添うことが出来ないなら無責任に関わるなと。
(現実を受け入れられずに壊れ気味のヒロインは学校にもいますw)

話が噛み合わず店を出て行く黒川。美人が怒ると怖い・・・
黒川を送るためにおやっさんも店を出てロゥリィと二人。

厳しい言葉も伊丹の優しさだとちゃんと分かってますね。さすが960歳。

誰にでも優しくできるほど懐が深くないんでねぇ。
「いい事、懐の定員は一人にしておきなさい。その方がモテるわよ。
優しくしてもらえる唯一の存在になれた方が、女は嬉しいのよ」


死神と呼ばれているけれどやっぱり神様(仮)
死とは生の終焉。
最良の死を迎えるためには生きる事を尊ばねばならないのよぉ。

亜神様の言葉が深いわ~

この店は子供に酒を出すのかー!
え、何、この脊髄反射の正義の黒い人w

ロゥリィ様の妄想タイムw
酔った勢いで伊丹と関係を持とうとした計画が台無しw

ロゥリィを知らないダークエルフさんは緑の人を捜しているらしい。

あの人が無理矢理お酒を飲ませて~んとダークエルフの後ろに逃げるロゥリィwww
剣を突き付け激おこのダークエルフさん。
子供に酒を飲ませて良からぬ事をしようとしているのはあなたの後ろにいる人ですけどw

伊丹はS級逃走wロゥリィも窓から逃げて残されたダークエルフのヤオ。

手負いの炎龍対峙を依頼するために緑の人を捜している。
報酬がデッカイダイヤモンドでも一般人にはに荷が重過ぎるな。

宿を気にかけてくれたデリラに心配無用と言って店を出たヤオ。
いい森だ・・・野宿ですか!

翌朝、戦闘機のファイトで目覚めたヤオはこれで村を救えると涙する。
まぁ目的の緑の人に対してやらかしちゃってますけどねw

戦闘機まで持ってきたのか。
滑走路も作ったって事だよね。自衛隊マジパネェっすw

帝国との交渉のために外務省から人材派遣。
伊丹は護衛任務でヤオとはすれ違いですね。

1クール目は炎龍退治までやるのかな。
水面下で講和へ向けての交渉も始まっているし帝国相手にドンパチも無いだろう。
自衛隊の火力戦は炎龍討伐に期待しよう。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/09/gate-11.html
スポンサーサイト