GANGSTA. 第4話「NONCONFORMIST」

第4話「NONCONFORMIST」

鋭利な刃物によってバラバラにされた複数の遺体が見つかる。
遺体の損傷が激しく、捜査は難航が予想されるが・・・

参考人()としてチャド警部に呼び出されたウォリックとニック。
警察内部でも便利屋を良く思わない連中は多いですね~
まぁチャドさんの方が変わり者なんだろうけどw

ニックに全く相手にされない苦労人気質のコーディくんw
昔の手配写真を見つけてウォリックに見せ付けるニック。17歳の二人も可愛いのうw

チャドさんの指示ですべての資料をウォリック閲覧させる。
ウォリックの別名はストレイジ。完全記憶能力者?TVかPCみたいに再生される脳内画像から被害者を特定。
コーディから見たらどんなトリックかと思いますね。

ニックは以前住まわせていた女を殺っちゃってんの?
暴走してというのはどうなんだろう?わけがありそう。

出て行かなければと考えるアレックスは二人がいない部屋でバリーの幻影に苦しむ。
アレックスがここまで堕ちる事になった過去も気になりますね。

モンローさんハッスルし過ぎ~w
チャドさんに電話を掛けて便利屋にドンパチの助っ人要請。
モンローさんのゆる~い感じ好きです。

蟲師ちゃうよ~
OPではどう見てもギンコにしか見えないデリコ。
真面目にお仕事してます(かなり物騒ですが・・・)

そこに現れたのは子供?
子供の姿に気を許したらマフィアがマミった!

ナイフ使いのトワイライツに襲われるモンローファミリー。
動くし、血しぶき飛びまくり。

タグ付を雇ってモンローファミリーを襲わせたのは他のファミリーの下っ端ですか?
三原則を無視するやんちゃな子には便利屋のお兄さんの鉄槌が下る。もちろん容赦無しです。

三原則って黄昏種は人に危害を与えてはいけない何とかだったかな?
過去を知らない小童がルールが出来た経緯を知らずにやらかしちゃったパティーンですね。

モンローさんのピンチに間に合ったニック。
タグ付き(上級者)同士の戦いをネタに賭けに興じるモンローさんに余裕が素敵。

現代はこんな時でしたが、便利屋の過去を回想しながらトワイライツの説明が入って来ましたね。
黄昏種は戦争による負の遺産。

タグ付きは薬物(セレブレ)によって身体能力を向上させた人たちの子孫になるらしい。
高い身体能力と引き換えに身体のどこかに欠陥、欠損があり、薬の継続的な投与が必要。そのせいで普通よりも短命だとかなんとか・・・

ウォリックの性格が今と全然違います。
元はお坊ちゃんのウォリックの屋敷に雇われた私兵?の中にニックがいたんですね。
一度見たら忘れないから勉強は意味がない。家庭教師をすぐにクビにしちゃう可愛げのない子供です。

歳が近いからニックがウォリックの警護に付いたのかな。
コミュ障のウォリックはニックの耳が聞こえない事にも気付いていなかったようです。
そんな仲の二人がエルガストルムに逃げ込むのはもう少し先の話ですね。

スポンサーサイト