GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2話「二つの軍勢」

第2話「二つの軍勢」

圧倒的ではないか、我が自衛隊は・・・それ、あかんフラグや~

ゲート前に陣を張った自衛隊。
異世界は剣と魔法の世界なの?武器は完全に中世以前という感じで戦力差は歴然。
もちろん自衛隊は強いんだけど、格差があり過ぎるよなぁ。

異世界の皇帝様は国や民よりも自分の権力に興味がおありのようで・・・
兵を門の向こうに送ったこと自体が失策。そこをツッコまれる前に自分の罪は上手く回避。

自分たちの世界を脅かす敵を殲滅し、聖地アルヌスの丘を奪還する。
大義名分で周辺諸国から兵を集めた帝国皇帝ですが、いざ敵地に向かうと帝国軍の姿は無く完全に捨て駒にされてますね。

すべて計画通り。
敵の戦力を図らないまま正面から突撃させて諸国の力を削ぐ。
これで周辺の国に帝国が脅かされる心配はなくなる。
ただの好戦的な人物ではなく、かなり狡猾ですね。

皇帝のやり方に疑問を持つ人たちもいて帝国も一枚岩ではない。
そしてこちらの世界でもアメリカさんが異世界は新たな資源の宝庫だと利権を狙っているようです。
日本がコケるのを待っているのって赤い国の人たちかな?

伊丹の新たな任務は特地の偵察。
伊丹が率いる第三偵察部隊のメンバーも顔を揃えましたね。
ケモナーの倉田君もいるじゃんw
ネコ耳娘が出て来ないことがご不満のようですw

立ち寄った村で情報収集。言葉は通じるのか?
特地には亜人種もいますが村人は至って普通の人間ですね。

移動中の車内はのんびりとしたもの。
コダ村の村長に聞いた森の中にある集落へ向かう第三偵察部隊ですが、森が燃えてますよ!?

森を焼き払うドラゴン。皇帝の命令でしょうね。
何も無い森を焼き払う習性でもあるのか?

森の中の集落を狙ったドラゴン。建物は完全に焼け落ち、少なく見積もっても100人あまりが犠牲になったと。
あの火力じゃ逃げる暇も無かったんだろうなぁ。

生存者発見!?
エルフキターーー!
こちらは完全に皇帝憎しとなるでしょう。

帝国内でも反乱分子が存在しているみたいだし、皇帝の娘自身も父のやり方はあまり好きじゃないっぽい。
いずれ伊丹たちと出会うことになりそうです。

二つの軍勢はどちらの世界にも言える事だったんですね。
(今の世界は二つどころじゃないけどさ)

伊丹たちと異世界の人たちの出会いがどう世界を変えていくのか楽しみです。

http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-4373.html
スポンサーサイト