グリザイアの楽園 第9話「ブランエールの種Ⅴ」

第9話「ブランエールの種Ⅴ」

約束通り戻って来た一姫との再会。
天音は一姫にくっ付き過ぎ~百合百合しいなぁ。あざっす!

天音が一姫を堪能(笑)している間もしっかりお仕事している幸。
軽トラの出番はまだあるのか?w

蒔菜ちゃんは策敵。みちる様は掃除かよ!相変わらず活躍するまでの扱いがヒドイ(褒め言葉)
親方だの大佐だの好き勝手呼んでるなw天音は犬扱い。ご褒美ですよね?

船にはJBと千鶴も乗船する予定。
船長はJ少尉!!(大尉になってます)ヤブイヌ小隊が続々集結する胸熱な展開。

JBの隣りにいた地味な女性の正体はロビーの嫁!?ケモ耳メイド・・・
ゾーイ・グラハムって日本人じゃなかったのか。
合衆国の情報員とは驚いた。任務でロビーと結婚したら本気になっちゃっかとか、ロビーは勝ち組ですね。

父はオスロを追っていたジャーナリスト。
オスロの指示で雄二が手を掛けた人物の娘か~こういう風に繋がってくるとは。

今はやらなければならない事がある。必ず戻って復讐を受ける。
雄二に向けた銃を仕舞う。嫁もどこかで雄二を信じたいんだろうな。

新しい美浜学園の候補地って・・・この潜水艦かいっ!w
にわかに信じられない千鶴ですが、さっちゃんが「美浜学園」と書いちゃってます。出来るメイドは仕事が速いのですw

姉と弟の再会。
心配していたと一姫にビンタをかました雄二。
怒りはここまで。一姫に縋って泣く雄二は一姫の前では弟なんだな~

このまま腕を切り落として爆弾を外し逃げるか、オスロと決着をつけるか選択させる一姫。
逃亡先は南の島。麻子さん、雄二名義で島を買ってたの?どんだけ稼いでたんだよ!
屋形船ですら驚いたのに、潜水艦から島までお買い物の規模がでか過ぎるw

もちろんオスロとの対決を選ぶ雄二。
しかしオスロの居場所がわからない。一姫に調べてくれとお願い。
姉ちゃんお願いはダメ。お願いしますもダメ。おねだりのダメ出し連発。
『お』は大事ですよねー

弟で遊び過ぎて仕返しされちゃった?
こんな事、他の女の子にしちゃダメよ。一姫の顔が完全に事後ですやんw
「どれが?」雄二~何したんだよwww

雄二はワンコ状態で走ってきたミリーをグーパンで歓迎w
抗議する天音に、雄二のすることにケチつけんなと噛み付くミリー。
雄二が好き過ぎておかしくなってますよ。

オスロの居場所が判明。ここから700kmほど離れたタルタロス島。

雄二を見送るヒロイン達。(もう一人の)みちる様が抜け駆けしやがった。
やらかしちゃいましたね~

麻子でもオスロには敵わなかった・・・
雄二を引き止めようとするJB。見送る、待つってのは辛いよね。

雄二はオスロとの決着。一姫はタナトスとの決着。

オスロに渡すくらいなら捨てちゃいましょう。
緊急事態のため、タナトスシステムは副電源を使用してる。
海底400mにある電源ケーブルを切断(物理)するという一姫。
みちる様のお仕事はここかぁ~スク水どころか潜水服じゃねーかw

雄二の件で呼び出されたのはアニエス・ギャレット。
ここで再登場ですか~今更呼び出して何を聞くつもりなんだろう。

オスロが仕掛けた爆弾を見つけた由美子。
一姫はアニーに爆弾の処理を依頼。しかし指揮官不在で指揮系統の建て直しから始めなければならない。
混乱を解消するために戻るJB。ゾーイも自分のコネクションの利用と旦那のために戻るという。

雄二はミリーのヘリでオスロの元へ。
自分がしてきた事を嘘にしないため・・・

たくさん殺してしまったけど、ヒロイン達を救ったこともなかった事にしたくないんですね。
オスロの呪縛を自分で解かなければ雄二自身が変わることは出来ません。

雄二の潜入作戦開始。見張りは気を抜き過ぎです。

ヒロイン達は諸々のお片付け。
タナトスさんの指示で着々とまとめに入ってますが、尺が・・・

みちる様のケーブル切断(システム停止)と雄二の決着。ニセ雄二の出番はあるのかな?
後日談も見たいし~残り1話でどうまとめるのか期待しましょう。

スポンサーサイト