グリザイアの楽園 第2話「カプリスの繭Ⅱ」

第2話「カプリスの繭Ⅱ」

雄二の過去編はまだまだ続く~
OPが完成。ボカロのMVみたいな作りだな。
しかし今回はヒロインたちの出番なし。蒔菜ちゃん出せよ~
アイツDTじゃないぞ(ニヤリ
JBに向かっていきなり爆弾発言をかます麻子師匠w
は!?ってしたときのJBがすごく可愛いw

雄二の初めては師匠が美味しくいただきましたw
酔った勢い(という事にして)雄二にJBを気持ちよくしてやれと特別任務を与える麻子。

手を抜くなよ!
イエス、マム!(じゃねーよwww)
いやいやいや、さらっと流したけど、とんでもない事してるよなぁ。
JBも初めてながらまんざらでもなかったようなのでいいのかな?w
あの可愛かったJBがここまで擦れた原因の方が気になるわ。

比較的平穏な日々の中で体調を崩し始める麻子。
視力の低下で射撃が難しくなってたけど、他にも不調があるらしい。

仕事を休みがちになった麻子の代わりに身分を偽り、コードNo,9029として任務を引き受けたのが“仕事”を始めたきっかけ。
JBとしてはこのまま血なまぐさい生活から抜け出して欲しかったようだが、雄二は麻子の後を継ぐことを決意。
本人がやりたいんなら仕方ないよね。

麻子は仕事のライセンス取得のために雄二をアメリカ海軍へ送る。

雄二たちの担当教官は麻子と同期の女性。この人も食っちゃうのかな?w
同期のダニーと組むことになった雄二。典型的なアメリカ人という感じの人物。
悪いヤツじゃないけど、やかましいな。
ダニーのアメリカンジョークや鬱陶しい態度にも冷静に返せる雄二さんカッケーですw

射撃の大会で優勝した雄二に絡んできたミリーという新兵。
雄二を呼び出すが逆に押さえ込まれてるじゃん。

読み書きは出来ないけれど、射撃の腕前だけは誰にも負けない自信があったのに雄二に負けて再戦を申し込んできた。
まずは勉強しようか。

射程の短いライフルで的を射抜いたと話す酔っ払い親父の自慢話。
自分には無理だったが、父の与太話を再現(命中)できれば雄二の勝ちにしてやる。
最早勝負として成立するのかどうかも分からないミリーの要求を見事に達成した雄二。

親父さんの話を信じてもいいんじゃないかと言われてミリーちゃん陥落。チョロ過ぎるぜw
実戦配備された雄二たち。初任務は次回へ。

雄二の過去編はいつまでやるんだろ?
各ヒロインは攻略済みだし、残っているのは一姫の死の謎だけだとしたら尺が余りそう。
ヒロインには後日談というのがあってだな・・・

過去編は今後の伏線になるんだろうか。でもちょっと長いよね。
やはり一姫の事件の方が気になるわ。
スポンサーサイト