寄生獣 セイの格率 第23話「生と誓」

第23話「生と誓」

これ以上被害を拡大させないために後藤との対決を決意したシンイチ。

なんかすごく達観してます。
戻ってみると後藤は人型を解除して就寝中。
こっちの方が断然格好いいw

ミギーがいないから悟られる事なく後藤に近づけた。
そうか、寝込みを襲えばよかったんだ!
いや、どのタイミングで寝込みを襲うのよ。

もしかしたらミギーは後藤の体内で生きているかもとミギー依存症が末期のシンイチ。
そんな都合のいい事ないよなぁ~と思い直して襲撃開始。

体内の一匹に見つかって即反撃されてなかなか上手くいかない。
美津代さんの言葉がリフレイ~ンw美津代さんの策士感www
諦めたらそこで試合終了。考えて考えて策を練れ!

殺されても構わない。しかしできるだけ深い傷を負わせたい。
後藤の鎧の隙を突く事を思いついたシンイチは木の上から首筋目掛けて落下攻撃。
しかし自分が突き刺したナタのせいで失敗。

後藤にふっ飛ばされたシンイチは不法投棄のゴミの山に落下。
硬質化された鎧の隙間・・・撃たれた傷跡を思い出したシンイチ。

一矢報いることができれば上出来。
ゴミの中から拾った棒を後藤に突き刺す。

そんなに大きな穴じゃなかったけど、見事に命中。
そのまま逃走したシンイチだが『人間ごとき』に傷を付けられた事に怒り心頭の後藤に追い詰められる。

これで終わりかと諦めた瞬間にミギー復活!
後藤に取り込まれて生きてました。シンイチの腕と交差した時に戻ったらしい。
あいっこっちホイホイ出来るんだな。

復活したミギーの攻撃。
バトルになるのかと思ったら後藤、自爆?
体内に入った毒のせいで逃げ出そうとす寄生生物を制御出来なくなってしまう。

後藤の体はバラバラに飛び散って呆気なく勝負がつく。
不法投棄のゴミから排出された化学物質が棒に付着していたようですね。

後藤の体内は居心地が良かったらしい。
ミギーは後藤への止めをシンイチに任せる。

パラサイトは一人では生きていけないか弱い生物。
田村玲子が作り上げた後藤は無敵で弱い?

あまりいじめてやるな・・・
玲子の言葉を思い出すシンイチ。妙な仏心が芽生えてます。
血の海の中で骨がむき出しの体に飛び散った肉体が集まり始める。
ぶっちゃけ近寄りたくない光景です。

地球を汚しているのは人間なのか?
人の都合を押し付けてはいけないとか、殺したくないという気持ちが人に残された宝物だとかどこかの活動家みたいな思考になってます。
後藤が復活するかは五分五分。運を天に任せる・・・

しかしミギーは地球のためにとか大風呂敷を広げる奴は好かんらしい。
地球より身近にいる人の命を選んだシンイチは結局自ら後藤を始末。

殺戮兵器を野放しにされても困るし、復活されてもしつこいだけだしこの判断で正解でしょう。

次回最終回。
浦上は逃走したままだけどどうなってるんだろ?
後藤を倒してもパラサイトはまだまだ紛れているわけで、本当の意味では何も解決して無い。
ラストはどう〆るのだろうか?

スポンサーサイト